パーフェクトクリーンセンターは処分したい不用品にぴったりあった回収業者を、スムーズに賢く探す事が出来るからおすすめ!
回収品別に家具、電化製品、日用品、OA機器、店舗用品や厨房機器など、個人のお客様から法人様までご自身の希望に沿った不用品回収業者が検索できるよう、 パーフェクトクリーンセンターは地域から不用品回収業者をお探し出来ます。

不用品回収の引取までの流れがスムーズ!

パーフェクトクリーンセンターで不用品回収業者に依頼して不用品の回収までわずか4ステップで流れがスムーズ!
お近くの業者から業者を探せるから迷わずに依頼できます!

不用品回収の詳細な流れはこちらです。

不用品回収の引取その1
不用品回収業者へお問い合わせ

各回収業者へメール、
または電話で連絡して
お問い合わせ。

不用品回収の引取その2
電話・訪問にてお見積り

粗大ごみの種類などで不用品回収費用が変動します
納得頂いた上で、料金や回収日時を決定します。

不用品回収の引取その3
引き取り作業

見積もり時に決定した時間に不用品回収業者がお客様のご自宅・会社に到着して、粗大ごみを収集します。

不用品回収の引取その4
回収完了・お支払い

各不用品回収業者へメール、または電話で連絡してお問い合わせ。

どんなものでも引き取ってくれるの?

回収品目をわかりやすく区分。不用品回収業者が対応できる品目の目安になります。
また、おおよその引き取り概算金額も記載しております。

タンス・ソファー・ピアノ・電子ピアノ・エレクトーン 学習机・雑誌・雑貨・ブラウン管テレビ・液晶テレビ 冷蔵庫・洗濯機・ディスプレイ・デジカメ パソコン・プリンター・健康器具・電子レンジ・ライター バッテリー・バイク(原付)・レンガ・ガスコンロ・etc

詳しくはこちら

ひと目でわかる 品別相場一覧

とくに利用することの多い不用品の回収品は、だいたい下記の値段になります。それぞれサイズや形状、依頼する業者によって値段が大きく変わる点には気をつけましょう。

  • TV:2,000円
  • PC:1,500円
  • エアコン:5,000円
  • 電気ストーブ:1,000円
  • ベッドマットレス:5,500円
  • ソファ:7,500円
  • テーブル:2,000円

詳細な値段をお知りになりたい場合は、各会社へお見積もり下さい。ほとんどの会社では無料でお見積もりを行っております。 お電話または、メールで、回収物の詳細とご予算をお伝えになって頂ければ査定が可能となります。

支払い方法についてはこちら

困ったときは

ごみの分別はどうやってするの? からリサイクルのことや中古買取りまでごみを捨てるには難しいことがたくさん。わかりやすく解説!


トラックによって金額が違うの?不用品回収の相場

トラックによって金額が違うの?不用品回収の相場

回収物によって、値段は異なります。
パレットと言って高さが約170cmぐらいあり、面積が畳半畳分ぐらいの物になります。
こちらは、とにかく安く済ませたい方向けのプランになり、ちょっとしたゴミの片づけに便利です。
軽トラ2万円代、1tトラック4万円代、2tトラック5万円代からございます。
また、3t、4tといった2LDK~4LDKの引っ越しや大掃除の場合に利用される定額制パックプランもございます。


初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用

初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用

バイクの処分方法は少し複雑です。
方法をしっかりと理解していないと税金や手数料で高くついてしまうことも少なくありません。


よくある質問

よくある質問

不用品を回収して欲しいけど料金が高そう…。不用品回収の相場を検証!

より安く賢く回収業者を選ぼう。

よくあるご質問 Q&A

お客様から、よくいただくご質問をまとめましたのでぜひご利用ください。

  • 質問

    不用品が大量にあるのですが、回収にかかる
    大体の値段が知りたいです。

    回答

    お見積りは無料ですので、不用品の種類や大体の数がわかれば、回収業者にお電話でお見積りすることができます。
    また、不用品が多い場合は現地までお見積りにお伺いします。その際も料金は掛かりません。

  • 質問

    お見積り後、即日で回収をお願いできますか?

    回答

    問題ございません、最短30分以内で伺います。
    その際はあらかじめ電話受付に、お伝えいただきますようお願い申し上げます。

  • 質問

    お見積り後、お断りすることもできますか?

    回答

    もちろん構いません。
    その為のお見積りですので、全てお客様がご納得いただいた上で、作業は開始されます。

  • 質問

    土日や祝日も営業していますか?

    回答

    当サイトで紹介している業者のほとんどが年中無休で営業しております。
    詳しくは絞り込み検索機能で検索ください。

  • 質問

    作業日時は指定できますか?

    回答

    スケジュールによりますので、作業日の2~3日前の連絡であれば、ご希望の日時を指定する事ができると思います。

  • 質問

    重くて外まで運べないのですが?

    回答

    問題ございません。
    室内でも回収業者が回収してくれます。

  • 質問

    遺品は供養もしていただけますか?

    回答

    専門の回収業者がいますので、詳しくは絞り込み検索機能を利用してご確認ください。

  • 質問

    見積もりを他社と比較したいのですが?

    回答

    お客様のご都合や条件にあった複数の業者からお見積りいただき、比較することができます。
    ぜひ、絞り込み検索をご利用ください。

パソコンや携帯電話もリサイクルできます

日本はさまざまなものをリサイクルする技術を持っています。以下は国内で再利用できるものの一部です。

ビン、カン、ペットボトル、紙、自動車、家電、パソコン、携帯電話

注目したいポイントは、家電やパソコン、携帯電話も対象になっていることです。電化製品にはチタンやリチウムといったレアメタルが多く使われているためです。これらは地殻中の存在量が少なかったり、精錬のコストが高かったりなどの理由でとても貴重です。日本は資源が少ないため、資源の回収はなおさら重要となるでしょう。

たくさんのメッセージありがとうございます。パーフェクトクリンセンターのクチコミ

  • 林 様(38歳主婦・神奈川県)

    即日対応の業者が見つかり大変助かりました
    引っ越しのため冷蔵庫や洗濯機などの大型な家電をいくつか処分してもらいました。スケジュールがギリギリでしたが、即日対応可の業者もたくさん掲載されており安心できました。
    林 様(38歳主婦・神奈川県)
  • 橋下 様(34歳会社員・東京都)

    見違えるほどキレイになりました!
    作業がとても早く、追加料金なども一切なしで全部引き取ってもらえたため大助かりです。機会があったらまた利用したいと思います。
    橋本 様(34歳会社員・東京都)
  • 高橋 様(47歳会社経営・東京都)

    対応がとても良く大変満足しています。
    会社の引っ越しを行うため、見積もりを出して頂きました。
    複数の業者が掲載されていたので、探す手間が省けました。
    不要な物は捨てて、使うものは引っ越し先へと仕訳も出来たので、引っ越しもスムーズにできました。
    高橋 様(47歳会社経営・東京都)
  • 越川 様(56歳会社役員・千葉県)

    比較できたおかげで1番安く済みました!
    庭の掃除で出た沢山のゴミを一度に回収してもらう為、インターネットで探していたらここのホームページを見つけました。
    沢山の業者が掲載されていたので、何度も検索して、探す手間が省けて1番安い会社に引き取ってもらう事が出来ました。
    クレジット払いも可能だったので支払いもスムーズでした。
    越川 様(56歳会社役員・千葉県)
  • 大久保 様(25歳会社員・埼玉県)

    このサイトを利用できて本当に良かったです
    埼玉から東京へ転勤になる為、1LDKの部屋を掃除していたら、結構ゴミが増えたので格安の会社が無いかネットで探していました。
    こちらのホームページを閲覧させて頂き、3社に電話見積もりをしましたが、3社とも電話対応が良かったです。
    回収も迅速で、安くて良心的でした。
    大久保 様(25歳会社員・埼玉県)

ゴミ処理の流れは?リサイクル、可燃物、不燃物、産業廃棄物について

日本人1人が1日に出すゴミの量(粗大ごみや生ごみ含む)は約1キロだといわれています。
1世帯だと年間で平均約660キロ。そのうち食べ残しなどの「生ごみ」が約3割を占めています。

家庭から出るゴミは、日本全体で年間約3300万トン。東京ドーム約90杯分に相当します。
ちなみに、年間で最もゴミの多い月は12月。年末は生産・経済活動が活発化するため、その分ごみも増える傾向にあります。

ごみ処理の流れの例-アルミ缶

ゴミの収集や不用品回収・処分の方法は地域差が大きいようです。
法律によって「市町村が処理計画を定めること」と明記されており、その地域の実情に則して、様々な取り組みが行われています。例えば、人口の多い首都圏では埋め立て地が不足傾向にあり、その分、高性能な焼却施設によってより多くのゴミを処理できるよう、システムが整備されています。
一部の地域では、焼却時の熱を利用して発電などに利用する「サーマルリサイクル」という技術も導入されており、より積極的な焼却プロセスが採用されています。
また、人件費を節約するために、あえて分別を簡略化(収集の手間を減らす)している自治体も少なくありません。

ごみ処理の流れの例

ごみ処理の流れの例-アルミ缶

ごみ処理の流れの例-スチール缶

ごみ処理の流れの例-ビン

ごみ処理の流れの例-ペットボトル

ごみ処理の流れの例-紙

リサイクル(廃品回収)に対する取り組みも自治体によって異なり、ペットボトルなど焼却するケースも珍しくありません。とはいえ、世界の水準から言えば、日本は「リサイクル先進国」として知られています。

一方で、消費されずにゴミとして処分される食品は世界最多で、「飽食大国」としても有名。現状において「生ゴミ」を国レベルで有効活用する手段は、残念ながら見つかっていません。

燃えるゴミ(可燃物)は焼却施設で焼却され、燃えないゴミ(不燃物)は埋め立て地で処理されます。

産業廃棄物については、自治体ではなく排出事業者=企業が責任を負い、事業者が自ら処理するか、自治体から許可を受けた不用品回収業者に依頼して処分することになっています。

また、家庭から出たゴミであっても、自治体が引き取れないもの(粗大ごみなど)については、不用品回収業者へ処分を委託する形になります。

近い将来、世界では人口過多に陥る国が急増するといわれています。
そんな中、並行して生ごみや粗大ごみが増え続けていけば…埋め立てによる土壌汚染、焼却による有害物質の排出など、環境問題は避けられません。

エコ、リサイクルに関する技術革新に将来を託すとともに、わたし達一人一人が否応なく、ゴミ問題に対する当事者意識を持たなくてはならない、そんな過渡期に差し掛かっています。