愛知県の不用品・廃品・粗大ごみ回収会社一覧エリアのオススメ回収業者

対応している業者がありません。

愛知県で粗大ごみや不用品処分に困ったら…

中部地方の中心となる愛知県でもごみ問題は深刻なものとなっています。国で定められた基準に合わせてそれぞれの自治体がごみを減らすための努力をしていることは確かです。

しかし、残念ながら現状ではあまり大きな効果を得ることができているとは言えない状況が続いています。

では、どうすればごみ問題を解消することができるのでしょうか?最大のポイントとなるのはやはり、実際にごみを出す私たちの意識を変える、というところにあります。
あなたはしっかりと自分の出したごみについて考えることができていますか?

まずは、自分の暮らしている地域のごみ処理の方法や出し方について具体的に考えてみましょう。

愛知県内のごみ処理施設

基本的に、県内で発生したごみはほぼすべて県内の施設によって処理することが可能となっています。
特に多くの人口が集中している主要都市の場合、市内で発生したごみは市内で処理することが基本となっています。

そのため、地域によっては多くのごみを処理するために複数のごみ処理施設を稼働させている、というケースも少なくありません。

具体例を挙げれば、県内でもっとも多くの人口が集中している名古屋市の場合、焼却施設だけで猪子石工場、南陽工場、五所川工場、鳴海工場と4つもの施設を有しています。

これでも余力がほとんどない状態であることから、設備更新などによる稼働停止への対策として、現在稼働を停止している富田工場の再稼働や、新しい処理工場の建設が検討されている状態となっています。

名古屋市に限った話ではなく、県内の都市部の多くは処理施設が常にフル稼働に近い状態になっており、これ以上ごみの排出量が増えると対応することができなくなってしまう可能性があります。

もちろん、名古屋市のように施設の数を増やして対応することも可能ではありますが、排出されるごみの量を減少させる、という対策も不可欠です。

愛知県内の粗大ごみの出し方について

粗大ごみの処理方法はそれぞれの市町村によって異なります。
しかし、共通しているのがほとんどの地域で粗大ごみについては事前予約制の戸別回収となっている、という点でしょう。

たとえば名古屋市では、事前に受付センターに申し込みをした上で、指定のスーパーやコンビニなどで「手数料納付券」を購入し、処分したい不用品に張り付けて家の前に出しておきます。

名古屋市の場合は、回収する粗大ごみの大きさによって手数料が異なります。目安としては、ラジカセなどの小型のもので250円、ストーブや家具類などの中~大型のもので500円となっています。

申し込みの際に種類や、大きさなどをできるだけ正確に伝えた上で、手数料を確認しておきましょう。

市で回収することのできないものは?

では、粗大ごみであれば何でも回収可能なのでしょうか?残念ながら、名古屋市をはじめ、ほとんどの都市では家電リサイクル法の対象となっているテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機の家電四品目と、パソコンなど、一部の電子機器類に関しては回収することができません。

回収可能となっている一部市町村でも定められたリサイクル料金とプラスして手数料を支払うことになります。

そのため、個別に不用品回収・廃品回収業者に依頼しなければなりません。
リサイクル法の施行以降、対象となる家電品やその他不用品の回収をおこなう専門業者が多くなってきています。

どの業者を選べば良いのかわからなくなってしまった場合は、一度コチラをチェックしてみてはいかがでしょう?

あなたの暮らしている街のごみ処理や、ごみの出し方をしっかりと確認しておきましょう。
それぞれで定められたルールを守るだけでもあなたの街の環境を守ることに貢献することができるはずです。

不要品を自分で処理する方法

不要品を自分で処理する方法
  • 普通ごみで回収してもらう
  • 清掃センターに直接搬入
  • 戸別に回収してもらう