豊川市のごみ処理施設

市内のごみは基本的に、清掃工場と、粗大ごみ受付センターに集められることになります。一般的な可燃ごみ、不燃ごみについてはすべて清掃工場へ、そして粗大ごみは粗大ごみ受付センターで処理されることになります。

清掃工場には焼却施設や、各種再資源化施設などが用意されていますので、市内で発生した一般ごみはすべてこの施設で処分することが可能となっています。

受付センターは一般の受付窓口としての役割も持っていますので、電話番号や場所を把握しておくようにしましょう。
豊川市の回収できない物はこちら

豊川市の焼却施設のMAP

・ 清掃工場 豊川市平尾町親坂50
・ 粗大ごみ受付センター 豊川市千両町上西ノ谷61-1

不用品・粗大ごみなどの処分

指定ごみ袋に入らない大きさのごみは、可燃・不燃を問わずにそのまま回収することができません。これらのごみはごみステーションには出すことができません。

これらの不用品を出す際にはまず、受付センターに電話し、申し込みをしてください。その上で戸別収集となっています。
一枚1000円で販売されているシールを貼り、指定日の朝8時までに家の前に出しておくようにしましょう。

また、市では受付センターへの持ち込みも可能となっています。この場合、手数料が無料となります。事前申し込みなどは必要ありませんが、市内で発生したごみであることを確認するために、免許証などの住所が明記された身分証明書の提示が必要となります。

ただし、家電リサイクル法の対象となっているテレビ、エアコン、洗濯機や冷蔵庫に関しては手数料2000円とプラスして家電リサイクル料が必要となります。

豊川市で回収する事ができない物

以下の品目に関しては市では回収することができません。
・建築廃材
・タイヤ
・コンクリートブロック
・バッテリー、オイル、ホイール
・農薬
・消火器、ガスボンベ
・塗料
・バイク
・シンナー、ガソリン、灯油、火薬
・農業機械
・ピアノ


これらの市では回収することのできないものを処分する際には、個別に不用品回収業者などを手配しなければなりません。
リサイクル法が施行されてから需要が高まっており、同市が対象エリアとなっている業者の数も多く、どうすれば良いのかわからない、という方は一度コチラをチェックしてみてはいかがでしょうか?

市でもさまざまなごみ削減のための運動が実施されています。中でもレジ袋削減運動は非常に大きな効果をもたらしています。


実際にごみを排出する側である住民が、それぞれがしっかりと責任感をもってごみや不用品と向き合うようにしましょう。そうすればごみ問題を解決することができる日もそう遠くないのかもしれません。

豊川市で上記の物の回収をご希望ですか?

豊川市近辺の不用品回収業者なら

市区町村別ごみ処理施設案内変更

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

エリアから探す



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意 ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

ブログ記事一覧

トップへ戻る