粗大ごみ置き場にまだ使えそうなテレビやパソコンが…持ち帰っても良いのでしょうか?再利用でエコに貢献?ちょっと待ってください。
ごみの持ち去りは違法行為に該当する可能性があります。

粗大ごみの「所有権」は

szeyhe

法的に見ると、粗大ごみ置き場にある品の所有権は「自治体」にあります。
不用品回収業者の敷地内にあるごみをその業者が「所有」しているのと同じ状態ですね。
では、道端にあるごみ(まだ使えそうな物)はどうなるのでしょう。
これは「遺失物」ということで、やはり持ち去ることはできません。
ただし、タバコの吸殻だとか、空き缶だとか、一見して明らかにごみと分かるものは例外。
例えば、放置自転車など、まだ利用価値のありそうな物に限られます(場合によっては「窃盗罪」が適用されます)。

ただし解釈は一様ではない

とはいえ、過去の判例を見ると、司法に必ずしも絶対的な見解があるわけではないようです。
事実、粗大ごみのシールが貼られている家電、家具など持ち去りリサイクルしている業者や、転売している人はいます。
自治体によってはそれらの行為を事実上「黙認」し、問題が表面化することもほとんどありません。
一方では厳しく取り締まる自治体もあり、ごみ置き場に施錠したり柵を設けたり、何らかの対策を講じるケースも増えています。
また、自治体の中には「条例」によって不用品処理の取り扱いを厳密に定めているところも見受けられます。

「不用品」を合法的に入手するためには

結論としては、「違法である可能性が高いので持ち帰るべきではない」ということになるでしょうか。
とはいえ、あらかじめ担当窓口に問い合わせたり、元の持ち主に相談するなどして、了解を得た上でなら何の問題もありません。
持ち帰りがトラブルを招くのは「無断で」運び去った場合。
実際に、粗大ごみ置き場にはしばしば新品同様の品も散見されます。
どうしても欲しい、再利用したいのであれば、適正な手段で入手しましょう。

上記の内容は「自治体の指定したごみ置き場」についての話で、「不用品回収業者の所有するごみ置き場」(敷地内)では話が根本的に異なります。
業者は営利目的で回収作業を行なっていますから、いかなる理由であれ、その品を持ち帰ることは許されません。
基本的には敷地に立ち入ることもできません。
一見したところ「ごみ置き場」でも、そこにあるのは「保管」されている物であり、法律上は「品物」、「倉庫」と同じ扱いです。
持ち去ると即「窃盗」となりますから、くれぐれもご注意を。

関連記事