スムーズに引っ越しを行う3つの荷造り手順

引っ越しをスムーズに行うには荷造りが重要です。
最初は誰もが手間取るもの、成功させる秘訣は作業を行う順番にあります。

「また出さなきゃ」をしない 荷造り3つの順番

何も考えずに作業を始めてしまって、「まだ使うのにダンボールの中に入れてしまった」と嘆くことは誰もが経験するでしょう。
そうは言っても、ギリギリまで何も準備しないのであれば作業が大変になってしまいます。
コツコツと進めていくために、下記の手順を守ってみましょう。

1)押入れの奥にあるもの

ここにあるものは基本的に普段使いません。
荷造りをするのならまずはここからでしょう。
思い出の品や季節モノをどんどんしまっていきましょう。
転居することが決まったらすぐにでも作業を開始して良い部分です。

2)本やCD、衣類のほとんどなど

これらは引っ越しから1週間ぐらいには片付けられるものです。
水着やコートといったそのシーズンでは使いそうにないものもしまってしまいましょう。
洋服は当日までの日付を逆算して必要な分だけ表に出しておくと後々楽です。

3)毎日使うもの

これらは「また出さなきゃ」という事態に陥る原因となるものです。
歯ブラシやタオル、石鹸などの洗面用具、食器や洗剤などの台所周りのもの、雑巾やゴミ袋などの掃除用具などが挙げられます。
前日から当日にかけて一気に手をつけていきましょう。

これらは転居先でもすぐに使うものですから、ひとまとめにしてダンボールの表に「すぐに使う」と書いておきたいものです。

引っ越しは不用品を処分する絶好のチャンス

56ydrjy
住まいを変える時に、今まであった荷物をそのまますべて持っていくことはほとんどありません。
押し入れの中に壊れた家電があったり、転居先には持っていけない家具があったりなど、不用品がたくさん見つかることでしょう。

そこで、そのようなものは不用品回収業者に依頼して一気に引き取ってもらいましょう。
引っ越し業者で同じようなサービスを提供していることがありますが、会社や品目によっては引き取ってもらえないことがあるようです。
あらかじめ予算に不用品回収の分も考慮しておくと良いでしょう。

荷造りを成功させるためには順番が重要です。
開かずの間にあるものから片付けていき、最後に日常的に使っているものをしまうことで「またダンボールを開けなければ」「あれはどこにやったっけ?」という事態が避けられます。

関連記事:

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

条件別に検索



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意
ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

カテゴリ

トップへ戻る