粗大ごみを処分するにはお金や手間がかかってしまうものです。山の中などに捨ててしまうことができれば楽なのかもしれませんが、粗大ごみの不法投棄は犯罪となってしまうのです。
違反した場合には罰則を受けることになってしまいます。粗大ごみの処分を行う場合は不用品回収の業者へ依頼するなど、かならず正しい方法で処分するようにしましょう。

不法投棄した場合の罰則について

粗大ごみの不法投棄は、さまざまな問題を引き起こします。景観を損なうだけでなく、悪臭や水質汚染の原因となり、それらを回復させるには膨大な時間と費用が必要となります。
そのため不法投棄にはしっかり罰則が決められています。その内容は「5年以下の懲役もしくは一千万円以下の罰金」という、大変重いものとなっています。
人気のない山中はもちろんですが、場所によっては公園や道路脇の植え込みなどに投棄されている例もあります。気軽な気持ちで投棄しても、罰則があることに変わりません。
各自治体では、不法投棄を防止するためのさまざまな予防策を行なっています。監視強化もそのひとつであるため、かならず発覚してしまうものと考えておきましょう。

業者も注意が必要です

cfjkft7iwe45rgde

不法投棄の例は、個人だけではありません。法人として不要品回収を行なっている事業者も行なっている例があり、最大で3億円の罰金を与えられることがあります。
不法投棄だけでなく、回収業者が無許可で事業を行なっていた場合や、一部の危険物など回収できないものを回収してしまった場合なども違反とされます。

不法投棄幇助罪とは?

利用者にとって困るのは、悪質な粗大ごみ処理を行なった業者に回収を依頼した側も「不法投棄幇助罪」として罰則の対象となってしまう点です。
そのため、不用品回収を業者へ依頼する場合には、まずはその業者が信頼できるかどうかを前もって知っておくことが必要です。優良な業者を選ぶよう心がけましょう。
また、過去に一度利用したことがある業者で、その時にトラブルのなかった業者を選ぶこともひとつの方法です。

関連記事