それほど車に詳しくない方であっても、ご自身でタイヤの交換を行っている、という方も多いのではないだろうか?自動車部品の中でもタイヤは消耗が早いことから、走行距離によってはかなり頻繁に交換しなければならない。

カーショップやガソリンスタンド、ディーラーといった販売店でタイヤ交換を依頼する場合、工賃をタイヤ代とは別に支払わなければならないケースがほとんどであるため、節約のために自分でタイヤ交換を行っている、という方も少なくないだろう。

一般的なサイズのタイヤであれば、コツさえつかんでしまえばそれほどタイヤ交換は難しいことではない。
しかし、問題となるのが、すり減ってしまい、もう使うことのできないタイヤやホイールだろう。

当然、タイヤを含む自動車部品は自治体などでは回収を受けることができないことから、不要なタイヤを庭や倉庫の中に置きっぱなしにしてしまっている、という方も少なくないだろう。

タイヤの不法投棄にご注意

tgewhjjnmx

ゴム製品なので、自然の中に放置しても良いのでは?という考えから森などに捨ててしまうという方もいらっしゃるようだが、これは立派な不法投棄となる。
近年、法改正によって、罰則も厳しくなり、罰金も高額だ。

そもそも、タイヤはゴム製品とはいってもさまざまな物質が混合されているため、劣化してもそのまま自然に還ることはなく、環境破壊にもつながるため、不法投棄はしてはならない。

また、昔は不要になってしまったタイヤを庭などで燃やしてしまう、というケースもあったが、これも大気汚染などの原因になることから禁止されており、これにも厳しい罰則があるため、絶対にすべきではない。

では、不要になってしまった使用済みのタイヤはどのように処分すれば良いのだろう?

不用品回収業者ならタイヤも回収可能!

近年多くなってきている不用品回収業者であれば、古タイヤをはじめとする自動車部品なども回収が可能となっている。

庭や倉庫などに積みっぱなしにしていても、スペースを圧迫するだけなので、早い段階で回収を依頼すべきだろう。

もちろん、家まで回収に来てくれることから、重いタイヤを持ちあげ、運ぶ必要もないため、気軽に処分することができる。

このように、処分に困ってしまうタイヤも、民間の不用品回収業者を利用することによって簡単に処分することが可能となっている。

これを頭に入れておけば、安心して自分でタイヤ交換をすることができるのではないだろうか?

関連記事