引越しするの時細かい物も引き取ってくれますか?

引越しは不用品処分を行なう絶好のタイミング!

引越しの際には思い切って不用品を一気に処分してしまいましょう。
持ち運ぶものが減れば減るほど、引越しは楽になりますし、業者へ依頼する場合には費用を節約もできます。
もしかして要らないかも…と少しでも思ったなら、「それ」はほぼ確実に不要です。
思い出してみましょう。
過去に何かを捨てて、「やっぱり捨てなければよかった!」と後悔したことがありますか?ほとんどの人はむしろ「結局要らなかった」、「もっと早く捨てておけば良かった」と思い出すことの方が多いのでは?「もしかして必要かもしれない物」は「要らない物」だと割り切って、一気に処分してしまいましょう!

業者によっては引き取り・処分もOK!

引越し業者によっては、不用品を引き取ってくれることも多いです。
ただし、「オプションサービス」として追加料金が発生したり、運搬した場合と同額の料金を請求されることも。
衣類、書籍など細々としたものであれば大抵の場合は無料で処分してもらえますが、大型の粗大ごみについては業者によって扱いが異なります。
ただ処分するだけではなく、品目によっては買い取ってもらえたり、引越し費用の一部を割り引いてくれるサービスも。
当日の対応が難しい場合もありますから、不用品の取り扱いについては、あらかじめ業者に確認することをおすすめします。


家電や家具は状態による

不用品引取り「無料」となっている場合には、付帯事項に注意しましょう。
例えば、「使用できる状態
」であれば無料で処分してもらえても、故障している物、汚れや破損がひどい物については、別途費用を請求されるケースが多いようです。
利用価値があるか否か判断し、再利用が難しい物については自力で処分することも検討してください(費用を節約できます)。


自力で処分するメリット

4yr5yhrj---lj
「無料だから業者にお任せ」が最もお得…だとは限りません。
家具や家電は、リサイクル業者やオークション、フリーマーケットで「転売」することで、さらにお得に活用できる可能性があります。
持ち運びが楽なもの、買い手がつきそうなものがあるのなら、少し手間はかかっても「転売」を考えてみてください。
場合によっては引越し代金の大半をカバーできる…かもしれません。
ただし、送料、オークションやフリーマーケットの利用料などから総合的に判断し、「赤字」が出る公算が大きいのなら、「無料」の処分方法を優先してください。
引越しまでに「時間がない」場合も同様です。


関連記事:

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

条件別に検索



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意
ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

カテゴリ

トップへ戻る