もしも、家にあるすべての不用品をお金に変えることができれば…不用品を処分できた上に、手元にお金が残れば最高です。
しかし、実際にすべてをお金に変えることは大変むずかしい、というのをご存知でしょうか?
こちらでは、お金になるかもしれない不用品と、お金に変えることはできない不用品についてご紹介します。

家電製品はお金にならない?

毎日の生活を快適なものに変えてくる家電製品は、性能の良い日本製のものならば年単位で使いまわすことができるものです。
冷蔵庫や洗濯機などは耐久性に優れているため、10年選手ということも珍しくはないでしょう。

しかしそのような家電製品の多くはほとんどお金にならない、とされています。

製造から数年の新しいものならば、国内での引き取り手を見つけられるかもしれません。
しかし毎年あたらしいモデルが誕生し続けている業界なので、ほとんどは買い手がつかず、物も大きくて在庫を圧迫してしまうだけなのです。

分解して資源としている業者もありますが、その場合も回収費用を超えることは難しいようです。

ゲーム機やマンガ、フィギュアなどはお金になる

たくさんのバックが飾ってある店内

同じ電気製品でも、趣味性の高いものあれば高く売れることがあります。
ゲーム機やゲームソフトなどは国内でも中古市場が活発であり、買い手をすぐに見つけられるのです。

マンガやフィギュアなども同じく中古市場でよく扱われているものなので、お金に変えることができます。
その価値は「買い手次第」でもあるため、インターネットオークションなどに出品してみると、思わぬ高値がつくこともあるでしょう。

手間をかければかけるほど高値になる、ということでもあります。
日頃から副業のような感覚で、買い手を探してみるのもひとつの方法です。

不用品を高く売るコツ

不用品であっても、ほんのすこしの手間をかけることで買取額をアップさせることができる場合もあります。

貴金属やアクセサリーであれば、ピカピカに磨くだけでも高値が期待できます。
タバコやカビなどの臭いなどが付いていると買取してくれない場合もありますので、クリーニングは基本です。

ほんのすこしの気遣いでも高くなる場合がありますが、お金にならないものはどうやってもならない、という現実もあります。
自分にとって一番よい処分方法を検討してみましょう。

意外にお金になるリサイクル品

環境のために、とリサイクルをしている方はとても多いと思います。
しかし、実はリサイクルはあなた自身にとっても大きな利益をもたらしてくれることがあります。
不用になってしまったものを捨ててしまうのはもったいないから、とリサイクルショップに持ち込む方も多いでしょう。
すると、意外なものが高値で売れてしまい、驚いたことはありませんか?

実はリサイクルは意外とお金になるものなのです。

不用になった携帯電話が…

ガラケーを持つ女性

新機種が登場するたびに携帯電話を新しいものに買い替えてしまう、という方も多いのではないでしょうか?

最近では携帯電話をはじめとするモバイル端末の進歩も著しく、古い機種では最新の高速データ通信に対応することができず使用不能になってしまう、なんてことも珍しくありません。

新しい機種に変更すれば、当然それまで使用していたものは不用となってしまいます。
しかし、そんな古い携帯電話を買い取ってくれるの?と疑問に思われる方も多いでしょう。
しかし、どんなに古い機種でも基本的に買い取ってもらえますし、モデルによってはかなりの高額査定も期待することができるのです。

実は古い機種であっても携帯電話には稀少な金属などが使用されており、携帯としては使用することができなくても、十分な価値があるのです。

古いレコードの中にお宝が?

レコード

家の片隅に古いレコードが山積みになっている、という方も多いのではないでしょうか?
もしかするとその中にもお宝が眠っているかもしれません。
それほど人気の高いレコードではなくてもさまざまな理由からマニアの間で高値で取引されている、なんてケースも少なくありません。

一度買い取り専門店などに持ち込んでみましょう。
CDなどのデジタルメディアの寿命はそれほど長くはありませんが、レコードやテープといったアナログメディアは非常に寿命が高いことからなかなか価値が下がらないものなのです。

このように意外なものが高値で売れてしまうこともありますので、あなたも不用品を捨ててしまう前に一度リサイクルショップなどに持ち込んでみてはいかがですか?

関連記事