不用品業者に粗大ごみの処分を依頼する場合、最も気になるのはやはり「費用」。
引取りの「料金」です。
中には数万円~数十万円という料金を請求する「悪徳業者」もあるので、予備知識として費用に関する情報は必ず把握しておきましょう。

見積もりの前に!まずは「相場」を知る

rtegyh

通常、不用品処理は見積もり(無料)→回収→処分という流れを経て行なわれます。
料金は各業者によって異なり、おおよその「相場」が存在します。
例えば、2人掛けソファーなら3000円~5000円程度。
ただし、別途「回収費」、「交通費」、「処分費用」など、追加料金を徴収する業者が少なくありません。
極端な話、たとえ法外な料金であっても、業者は自由に価格を設定することができます。
そのため、「相手を見る」形で料金を個別に算出する業者も多く、中には相場の倍以上の費用を請求する事例もあります。

騙されないために…複数の業者で比較検討

適正な料金で不用品を処分したいのであれば、きっちりと相場を把握し、その範囲内で依頼可能な業者を探すこと。
できれば、複数の業者に対して「相見積もり」を行い、最も安い業者、安心して依頼できそうな業者を探してみましょう。
「交渉」次第で数千円~数万円負けてくれる事例も珍しくありません。
他社の見積もりを材料に、「Aという業者さんは1万円だそうなので、もう少し安くしていただけませんか?」などと交渉を優位に進めましょう。

費用に納得できないのなら

どれだけ慎重にリサーチしても、粗大ごみの種類によっては、数万円単位の出費が発生することも珍しくありません。
例えば家電の一部は、法律により処分の方法が義務付けられているため、どうしても割高になりがち。
故障していないし、ただ捨てるのはもったいない、お金もかけたくない…という方は、自力で処分する方法を考えてみましょう。
状態の良いものであれば、ネットオークションなどに出品して「お小遣い」を稼ぐのもOK。
ほとんど値段のつかないような物であっても、送料さえ落札者に負担してもらえば、処分に必要な費用の分は確実に節約できます。

かつては業者の「言い値」がまかり通っていた不用品業者の市場。
幸い、現在はインターネットがあるおかげで、手軽に情報収集可能です。
必ずしも業者の提示する金額で妥協する必要はありません。
とことん優良業者を見定めて、ご自身が納得できる金額で回収を依頼しましょう。
選択権はあなたにあります!

関連記事