引っ越しなどの際に、大型の不用品処分で困っている、という方も多いのではないだろうか?今日では一般の粗大ごみとして出すことのできないものも多くなってきている。

その代表がソファーだろう。
一般的なソファーのほとんどは、布や皮、ビニールといった可燃物と、スプリングやフレームといった不燃物を組み合わせられていることから、処分やリサイクルが非常に難しく、自治体では収集することができないこともある。

しかし、古くなり、使うことのなくなったソファーをいつまでも置いておくようなスペースはほとんどの家庭にはないだろう。

そこで、処分したくてもできずに困っている、という家庭も多いようだ。

自治体で処分できないものは民間へ

gesrhyud5rk

基本的に、自治体で処分することのできないものはそれぞれで民間の不用品回収業者などを手配して処分することになる。

かつて、こういった業者が少なかった時代はその費用も高額であったことからなかなか踏み出せずにいる、という方も少なくないだろう。

しかし、リサイクルの推進などによって、自治体で収集することのできないものが多くなってしまった今日では、不用品回収業者の数も多くなり、それに伴って料金も低くなってきている。

ソファーなどの場合、よほど大きなものでないかぎりは、一般的にイメージされているよりもはるかに安く処分することが可能となっている。

また、その他にも処分したいものがある場合、パックプランなどを利用してよりお得に回収を受けることが可能となっていることから、事前に業者に相談をしてみることが重要だ。

搬出まで依頼することができる?

ソファーに限らず、ベッドやタンスといった大型の家具の場合、処分方法だけでなく搬出の方法が問題となるケースも少なくない。

重量のあるものであれば、素人では搬出どころか室内を移動させることさえ困難なものもあるはずだ。

最近の不用品回収業者ではこういった移動させることが困難なものの搬出まで一括で依頼することが可能となっている。

これであれば、大型の不用品も安心して処分することができるだろう。

なかなか処分することのできない大型の家具などに頭を悩ませているのであれば、まずは対象エリアとなっている不用品回収業者などに連絡をしてみるべきだろう。

近年では業者の数も多くなり、それぞれがさまざまなサービスやキャンペーンを実施していることから、きっとあなたにぴったりの業者を見つけることができるはずだ。

関連記事