粗大ごみを処分する方法は大きく分けて2つあります。
一つは、不用品処理の専門業者に依頼する方法、もう一つは担当の役所(市町村)に回収してもらう、というもの。
それぞれに違い、メリットなどありますから、両者を比較・検討したうえで回収の依頼先を決めましょう。

まず、処分の対象となる粗大ごみですが、役所は一部の家電製品を引き取ってくれません(家電リサイクル法対象の4品目であるエアコン、テレビ、冷蔵・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機など)。
一方、廃品業者は危険性の高いものを除き、大半の不用品は処分を依頼できます。

一方で費用については、役所に依頼した方が安く済む場合が多いようです。
費用の一部が税金によってカバーされているので、依頼者が全額を支払う必要がないわけですね。

しかし、不用品を解体したり、自宅から運び出したりといったサポートは、役所には期待できません。
指定の場所まで自力で運搬しなければならないケースも多く、費用が安い分「手間」はかかります。

その点については、業者の方が利便性に富んでいます。
大型の不用品についても自宅から運び出してもらえますし、必要があれば解体作業も任せることができます。
また、役所は「日時」なども細かく指定されていますが(事前に「有料粗大ゴミ回収券」を購入する)、業者は電話一本で即日対応してくれるところも多いようです。

対応可能なエリアは、いずれも管轄内(サービスを提供している地域)に限定されます。
区役所なら全国どこにお住まいでも行政サービスとして利用できますが、廃品回収業者は必ずしも営業しているとは限りません。
近場に優良業者が見つからない場合には、遠方のサービスを利用せざるを得ず、出張費・交通費など加算される可能性も。

総合的に見れば、「手間はかかるけど安く済ませたい」場合に役所、「費用は高額でも手軽に処分したい」場合に業者を選ぶことになるでしょう。
それぞれにメリット・デメリットがありますから、依頼先は慎重に決める必要がありそうですね。

自力で運搬や解体が難しいものは業者に、手軽に処分できそうなものは役所に、ぞれぞれ分担を割り振るのも良いでしょう。
まだ使えそう、価値がありそうなものについては、リサイクルショップに買い取ってもらったり、インターネットオークションに出品するのもおすすめ。

上手にやり繰りすれば、その分だけ費用を節約できますし、方法次第ではちょっとした「お小遣い」もゲットできちゃいますね!

関連記事