家電リサイクル制度の課題と論点

かつては家電品なども含めて不燃ゴミや粗大ゴミとして自治体によって回収・処分されていました。しかし、今日では「家電リサイクル法」と呼ばれる制度が施行されたことによって、処分の方法が大きく変化しました。

年々増加し続けるゴミの量を削減するためには必要な制度であることは確かなことです。しかし、この制度にまったく問題はないのでしょうか?
この制度の問題点や課題についてじっくりと考えてみましょう。

気軽に買い替えることができなくなってしまう?

sxryhxrftu
まず、家電リサイクル制度のもっとも大きなポイントは、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンといった大型の家電品を処分する際にはそれぞれ決まったリサイクル料金を支払わなければならなくなってしまった、という点でしょう。

メーカーやサイズによってはこのリサイクル料金もかなり高額になってしまいます。大型の家電品の場合、買い替える際にはほぼ間違いなく処分することになりますので、新規の購入費用とプラスしてリサイクル料金のことも考えなければなりません。
結果として家電品の買い替えにより多くのコストがかかることになりますので、気軽に買い替えることができなくなってしまうかもしれません。

購入する側だけでなく、メーカーや販売店などからしてみてもこれは大きな問題であると言えるでしょう。

違法な不用品回収業者も増える?

高額なリサイクル料金を支払わずに家電品などを処分する方法に、不用品回収業者を利用する、というものがあります。
近年、こういった専門業者が増えていますので、実際に利用を検討している方も多いのではないでしょうか?

しかし、処分料金をとって回収しているにもかかわらず、回収したものをそのまま不法投棄してしまう業者も増えています。

これもまた大きな問題であり、今後の課題と言えるでしょう。

ゴミの量を削減するための家電リサイクル制度ですが、まだまだ問題や課題も多く、今一度考え直し、議論する必要があるのではないでしょうか?


関連記事:

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

条件別に検索



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意
ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

カテゴリ

トップへ戻る