不用品を買い取ってもらった場合に気になることが確定申告についてです。
基本的には心配することはありませんが、ケースバイケースで税金がかかることがあるようです。

普通に不用品を売るだけなら課税の対象にならない

「生活に必要な資産」を売却するケースでは課税対象にはなりません。
ごく普通に引っ越しをして、その仮定で使わないものを買い取ってもらって利益が出たときは確定申告の心配をすることはほとんどないでしょう。
使わなくなったものをリサイクルショップやネットオークションなどを利用して利益を得たときも同じ扱いです。

課税対象となる3つのパターン

一部、確定申告しなければならないケースがあります。
不用品を売るときは以下のいずれかに当てはまっていないか必ず確認しましょう。

1つの商品で30万を越える利益を出した

高級なアクセサリーや食器、家具などは気をつけましょう。
これらは贅沢品にあたり、「生活上必要な資産」とは扱われていないためです。
引っ越しなどで一斉にものを売却したときは、1つ1つの額をしっかりと確認しましょう。

事業用として使っていた物品を売却した

q23ywhetdgh

フリーランスで働いている方はとくに注意しておきたいところです。
仕事で使っていたデスクやチェア、パソコンなどは事業所得として扱われるため、課税対象になります。
ほかにも、減価償却をしている高額な資産は譲渡所得と考えてまた別に計算する必要があるようです。

転売を目的としている

ほかの店舗を利用して短い期間で売買を繰り返しているときは注意しましょう。
このような転売行為は事業として扱われることがあります。
とくに本やゲーム、CDなどは楽しんだあとすぐに売ってしまうという方がいるでしょう。
その時に利益が出ることがあるため額はしっかりと確認しておきましょう。

通常、不用品を売却したときは確定申告の必要がありません。
しかし、贅沢品や事業品を売る、転売している場合はおこなわなければなりません。
ただ引っ越すだけのときも、高価なものを持っている方やフリーランスの方は注意しておいた方が良いでしょう。

関連記事