北海道不用品回収会社一覧 口コミ

北海道 エリアのオススメ回収業者

ライフパートナーズ札幌

不用品回収がとにかく安いです! 今なら基本...

ライフパートナーズ札幌 [ 法人・個人 ]

エリア
  • 北海道
対応可能
回収物
  • 家具
  • 生活家電
  • 日用品
  • OA機器
  • 店舗用品 厨房機器
TEL
対応時間 24時間 0120-905-623
もっと見る

北海道不用品回収会社一覧の口コミ・評判

このエリアの口コミはまだありません。

口コミを書き込む

お名前 (必須)
お住まいの地域 (必須)
年齢 (必須)
評価 (必須)

お好きな顔を選んで下さい

    北海道のゴミ問題に対しての取り組み

    北海道のごみ排出量は、全国7位(平成25年度調べ)。
    日本で1番広い面積を持ち、多くの人口を抱えているため、ごみの排出量が多いのは仕方のないことですが、ひとりひとりの平均を見ても、道民のごみの排出量は多い傾向にあります。


    道民ひとりひとりのごみの排出量は、減少傾向にありますが、それでも全国平均を100グラム以上、上回っています。
    また、ごみのリサイクル率は、年々上昇してきてはいますが、全国平均をおよそ3%下回っています。
    (資料:北海道環境生活部「一般廃棄物の排出量および処理状況平成15年度実績」より)

    ごみの排出量を減らすために今後できること

    北海道の最大の魅力は「美しい豊かな自然」です。
    それを守るためにも、ひとりひとりがごみの排出を減らしていかなければなりません。
    どんなことに取り組めばいいのでしょう?

    ○道民ひとりひとりができること

    • 余計なものを買わない
    • ごみのリサイクル率をあげる
    (詳しくは「3R推進」を参考にしましょう)

    ○地域や企業でできること

    • 廃棄物処理施設の設備を充実させる
    • 廃品処理&買い取り業者の活性化

    また、実際にごみを減らしていくには、地域全体で意識を高めていくことが大切です。
    このようなサイトや行政の広告などで、情報収集をすることから始めるといいかもしれません。

    北海道で行っている「3R推進」とは

    3R(スリーアール)は、環境と経済が両立した「循環型社会」を作っていくための、3つのキーワードの頭文字です。

    1.Reduce(リデュース)…ゴミを減らす・ゴミの発生抑制 ※具体的には、次のようなことがReduce(リデュース)につながります。

    • 買い物時にカゴやマイバックを持ち込んで、レジ袋を辞退する
    • 量り売り商品や詰め替え用商品の購入する
    • マイ箸・マイ容器の使用など

    2.Reuse(リユース)…繰り返し使う・再使用 ※具体的には、次のようなことがReuse(リユース)につながります。

    • リユースショップ(=リサイクルショップ)の活用
    • ターナブルびん入り商品の購入
    • 衣料品の資源回収への協力など

    3.Recycle(リサイクル)…再生利用・再資源化 ※具体的には、次のようなことがRecycle(リサイクル)につながります。

    • 缶やペットボトルなどの分別排出
    • 古紙の資源回収への協力
    • 使用済み天ぷら油を回収施設へ持参など

    廃棄物の不法投棄や不適正処理対策について

    もしもあなたが、「廃棄物の不法投棄」や「不適正処理(不適正保管等)」をみつけたときは、速やかに警察、または産廃110番にて道庁まで知らせてください。
    手順は以下の通りです。
    自分の判断で対処すると大きなトラブルにもなりかねませんので、まずは連絡を入れましょう。

    廃棄物の不法投棄を発見したら…

    ※不法投棄:処分場以外の場所に廃棄物をみだりに捨てること

    1.場所を確認してください。

    2.可能であれば、投棄されている廃棄物の種類や状況などを確認してください。
    (できる範囲で構いません)。

    3.投棄者がその場にいる場合は、可能であれば特徴を確認してください(会社名、車であれば車種、ナンバーなど)。

    4.「産廃110番(道庁フリーダイヤル)」または警察署に連絡し、確認した事項をお知らせください。

    5.夜間や休日の場合は、産廃110番のFAXまたは留守番電話、もしくはメールでお知らせください。
    直接、警察署に通報しても構いません。

    廃棄物の不適正処理を発見したら…

    ※不適正処理:廃棄物の処理施設、処分場、保管場所などで、法に基づかない処理を行っていること
    1.場所を確認してください。

    2.不適正な処理が行われている廃棄物の種類やその処理状況などを確認してください(できる範囲で構いません)。

    3.事業所の場合は事業者名、行為者がその場にいるときは、会社名、車であれば車種、ナンバーなどの特徴を確認してください(できる範囲で構いません)。

    4.産廃110番(道庁フリーダイヤル)に連絡し、確認した事項をお知らせください。

    5.夜間や休日の場合は、産廃110番のFAXまたは留守番電話、もしくはメールでお知らせください。
    直接、警察署に通報しても構いません。

    《通報先:道庁不法投棄対策グループ(産廃110番)》
    フリーダイヤル:0120-53-8124

    不法投棄通報フォーム:https://www2.pref.hokkaido.lg.jp/ks/jss/form.htm

    ※その他、質問などがありましたら、北海道庁へ連絡してください。

    《北海道庁》
    〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
    電話番号: 011-231-4111(大代表)
    一般的な業務時間 :8時45分~17時30分
    (土日祝日、および12月29日~1月3日はお休み)

    不要品を自分で処理する方法

    普通ごみで回収してもらう
    清掃センターに直接搬入
    戸別に回収してもらう

    市区町村別に不用品情報を見る

    パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

    エリアごとの情報

    北海道エリア

    北海道エリア

    14市 6町

    東京都エリア

    東京都エリア

    17区 24市 4町 3村

    神奈川県エリア

    神奈川県エリア

    13市 4町 1村

    千葉県エリア

    千葉県エリア

    21市 1町

    埼玉県エリア

    埼玉県エリア

    14市 3町

    愛知県エリア

    愛知県エリア

    15市

    滋賀県エリア

    滋賀県エリア

    8市

    三重県エリア

    三重県エリア

    11市 2町

    栃木県エリア

    栃木県エリア

    7市 1町

    茨城県エリア

    茨城県エリア

    13市 2町 1村

    群馬県エリア

    群馬県エリア

    7市 2町

    沖縄県エリア

    沖縄県エリア

    9市 2町 4村

    エリアから探す



    初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意 ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

    ブログ記事一覧

    トップへ戻る