ひたちなか市のごみ処理施設


同市には以下のごみ処理施設があります。

・ひたちなか東海クリーンセンター(茨城県ひたちなか市新光町103-2)

同市は平成24年4月30日まで、那珂湊清掃センター(茨城県ひたちなか市新堤10812)と勝田清掃センター(茨城県ひたちなか市馬渡2184-1)によってごみ処理を行ってきましたが、東海クリーンセンターが開所したことで、各処理施設はその役割を終えました。

クリーンセンターはストーカ炉と灰溶融炉を処理方式に採用しており、処理能力はそれぞれ220t/日、処理能力25t/日となっています。最新の技術によってダイオキシンを抑制することに成功。環境に優しい清掃センターとして、日々市内のごみを処理しています。

ひたちなか市の回収できない物はこちら

ひたちなか市の焼却施設のMAP

・ ひたちなか・東海クリーンセンター(茨城県ひたちなか市新光町103-2)
・ 那珂湊清掃センター(茨城県ひたちなか市新堤10812)
・ 勝田清掃センター(茨城県ひたちなか市馬渡2184-1)

不用品・粗大ごみなどの処分


燃えるごみあるいは燃えないごみとして集積所に出せるのは一辺の長さが50センチメートル以下の物だけです。50センチを超える燃えるごみはクリーンセンター(新光町)に、燃えないごみはリサイクルセンター(足崎)に直接搬入するか、玄関先までの戸別収集を利用することになります。搬入可能時間は平日が8:30分~16:30、土曜日は8:30~11:30となっています。

持ちこめるごみの料金に関してですが、家庭系ごみは重さ50キログラムまで無料。50キログラムを超えるごみは60キログラムまで300円で、以降は10キログラムにつき50円ずつ加算されていきます。

事業系ごみの場合、重さ50キログラムまで無料。50キログラムを超えるごみは60キログラムまでは780円で、以降は10キログラムにつき130円ずつ加算されます。諸事情により1トン以上のごみが出る場合は、搬入の7日前までに届け出が必要です。ちなみに、建築廃材等の産業廃棄物は処理できないので注意しましょう。

大型ごみの戸別収集を利用する際は、最初にごみの3辺(縦・横・高さ)を測り、廃棄物処理課に電話(029-273-0111)にて申し込みを行います。受付時間は平日8:30~17:30までです。

続いて、ごみ処理券を最寄りの取扱い店で購入します。3辺の合計が3メートル以内は800円の処理券が1枚、3メートル以上の場合は2枚必要です。申し込みから2日~3日以内に専門業者から連絡があり、2週間程度で玄関先まで引き取りに来ます。

ひたちなか市で回収する事ができない物


同市はエアコンや冷蔵庫などの家電リサイクル法対象品目は収集しません。独断で集積所に出すことはできないので、購入店あるいは不用品の回収業者にリサイクル料を支払い、引き取ってもらうことになります。処分がとにかく面倒という方は、専門の回収業者に依頼してみましょう。対象品目がご自宅にあるという方はこちら⇒

ひたちなか市で上記の物の回収をご希望ですか?

ひたちなか市近辺の不用品回収業者なら

市区町村別ごみ処理施設案内変更

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

エリアから探す



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意 ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

ブログ記事一覧

トップへ戻る