神奈川県の不用品・廃品・粗大ごみ回収会社一覧エリアのオススメ回収業者

1つ~大量の荷物に対応 年中無休 三井住友海上賠償責任保険加入 最大3000万保証

片付けマスターズ [ 法人・個人 ]

  • エリア
    東京都神奈川県
  • 対応可能
    回収物
    • 家具
    • 生活家電
    • OA機器
    • 厨房機器
    • 粗大ごみ
  • TEL
    対応時間 9:00~23:45

即日対応、電話から最短30分以内で作業終了 不用品回収のお見積りはこちらからお願い致します。

リーフクリーン [ 法人・個人 ]

  • エリア
    東京都神奈川県
  • 対応可能
    回収物
    • 家具
    • 生活家電
    • OA機器
    • 厨房機器
    • 粗大ごみ
  • TEL
    対応時間 24時間対応

バリュー1 [ 法人・個人 ]

  • エリア
    東京都千葉県神奈川県埼玉県茨城県
  • 対応可能
    回収物
    • 家具
    • 生活家電
    • OA機器
    • 厨房機器
    • 粗大ごみ
  • TEL
    対応時間 7:00~22:00

神奈川県のごみ処理について

あなたはごみ問題に対してどのくらい真剣に考えていますか?
ここ10年で私たち日本人のごみに対する意識は大きく変化しました。
法整備によってリサイクルへの意識も年々高まりつつあります。

しかし、それでもリサイクル先進国と呼ばれる欧米諸国と比較すると、日本人のリサイクルへの意識はそれほど高いとは言えません。
深刻化して行くごみ問題や、資源の不足をまずはあなた自身の問題として、しっかりと向き合うことができているでしょうか?

関東エリアでも、東京に次ぐ大都市を有する神奈川県などは人口が多い分、ごみに関する問題もより深刻なものです。
もはやこれは国や県、市区町村が対策を打つだけでは解決をすることができない状況になっていると言えるでしょう。

ごみの量を減らすためには?

1年間の内でも毎年8月は特に排出されるごみの多い月となっています。
処分されるごみの大半はやはり家庭ごみになります。
8月は多くの飲料や食品などが消費される時期ですので、その包装容器によってごみ全体の量が増えています。

ごみを減らすことを考える際、この包装容器やペットボトルなどについては決して見過ごすことのできないポイントとなります。
可能な限りリサイクルをすることによってごみを減らす…そのためにごみの収集方法も変化しはじめています。

市区町村で収集できるものの分別

まずは、ごみの出し方についてしっかりと考えてみましょう。
ごみの出し方一つで解決することのできる問題も少なくないのです。

かつてはほとんどのごみが市区町村で収集することができていました。
しかし、今日では収集されないものも多くなってきています。

具体的な方法は自治体によってそれぞれ異なりますので、その代表例として神奈川県の中心都市の一つである横浜市のケースで考えてみましょう。

まず、燃やすごみや燃えないごみなどは昔から変わらず収集され、処分される事となります。
それぞれがきまった施設に集められ、法にのっとって処分されることになります。
かつては施設によって処分方法に大きな違いがありました。
しかし、今日では法整備が進められたこともあり、どこでもほぼ同様の条件で処分されています。

この際に注意しなければならないのが、容器包装プラスチックなどの分別です。

かつてはこれらも通常の燃やすごみとして捨てることができました。
今日ではこのようにリサイクル可能なものは分別しなければならなくなりました。

その他にも、ビンやペットボトルなど資源として別に回収されますのでそれぞれで分別することになります。

各自治体で収集されないもの

横浜市だけでなく各自治体では回収されないもののことも忘れてはなりません。
その代表となるのが大型の家電品でしょう。

かつては粗大ごみとして回収してもらうことができましたし、無料で利用できる不用品回収などに出すこともできました。
しかし、今日ではこのように簡単に処分することはできなくなってしまいました。

これは神奈川県に限ったことではなく、国によって定められた家電リサイクル法に基づいて、個人個人で専門業者などを手配して処分しなければならなくなっています。
対象となるのはエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などです。

これらを処分する際にはリサイクル料を支払い、それぞれで手配した業者などを介して処分することになります。

家電品などの進歩は非常に早く、最近では次々と高性能で魅力的な製品が登場していますので、まだ使える状態であっても買い替えてしまうという方も少なくないでしょう。
これによって、不用品となってしまう家電品が非常に多くなってきています。

買い替えをすることは決して悪いことではありません。しかし、ごみ問題を考える上ではその処分方法を考えなければなりません。

まだそのままの状態で使用可能なのであれば、専門の不用品回収業者やリサイクルショップなどを利用することによって、必要としている人の元へ渡すことも可能です。
場合によっては無料で処分することができたり、逆に買取をしてもらえるケースだってあります。

処分する側にとってもメリットがありますので、大型家電品などの処分が単に面倒になってしまった、と考えるのではなく、積極的にリサイクルに参加するようにしましょう。

また、産業廃棄物なども、自治体レベルでは処理をすることができない場合があります。
場合によって企業が処分するため、またはリサイクルするための費用をすべて出さなければならなくなってしまいます。

これにともない、近年では自社で処分施設やリサイクル施設を作るというところも多くなってきています。
こういった取り組みによって産業廃棄物の排出量も徐々にではありますが、減少させていくことは可能でしょう。

ごみ問題は私たち個人レベルでもしっかりと向き合い、対策を考えなければならない段階になってきています。

環境問題なんて自分には関係のないことと決めつけてしまわずに、この問題に向き合い、自分にできることは何なのかをしっかりと考えるようにすべきでしょう。

不要品を自分で処理する方法

不要品を自分で処理する方法
  • 普通ごみで回収してもらう
  • 清掃センターに直接搬入
  • 戸別に回収してもらう