同市内には2カ所の処理施設があります。今泉クリーンセンターの名越クリーンセンターの2つが市の専用施設となっています。
現在、市内で発生した一般家庭のごみについては基本的にすべてこの2施設に集められ、それぞれ適切な形で処理されています。

この2施設はごみの持ち込みも可能となっていますので、所在地を把握しておくと良いでしょう。

同市でもごみ問題は非常に深刻なものとなっています。県内でも比較的多くの人口が集まっているエリアですのでその分、発生するごみの量も多くなってしまいます。
現在は前述の2施設で処理することができていますが、このままごみが増加し続けてしまうと処理しきれなくなってしまう可能性だってあります。

そうならないために、しっかりとごみを削減するための計画を立てなければなりません。同市でもさまざまなごみ削減のためのルール作りなどが進められています。

こういった自治体レベルでの計画も必要不可欠なものですが、最終的には実際に家庭ごみを排出する各個人レベル、家庭レベルでごみに対する強い意識を持たなければなりません。

まずは、毎日出しているごみを本当に削減することはできないのか…そこから考えてみてはいかがでしょう?

隣接自治体:横浜市、逗子市、藤沢市

鎌倉市の焼却施設のMAP

・今泉クリーンセンター 鎌倉市今泉4-1-1
・名越クリーンセンター 鎌倉市大町5-11-16

不用品・粗大ごみなどの処分

同市では、個別収集が実施されています。
事前に地域によって決められた担当のクリーンセンターに申し込みをしてください。その際に料金を確認し、必要な分だけのシールを購入します。
シールに関しては払い戻しは出来ませんし、足りなければ回収することができませんので、必ず必要な時に必要な分だけを購入するようにしてください。

また、クリーンセンターへの持ち込みも可能となっています。
処分したい不用品の大きさによって料金は異なっていますので、事前に確認しておくと良いでしょう。持ち込みの場合はその場で処分料金を支払う形になっています。

鎌倉市で回収する事ができない物

以下の品目については市では回収することができませんので注意してください。
・家電リサイクル法対象4品目
⇒テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫
・パソコン類
・有害性物質(アスベスト等)を含むもの
・著しく悪臭を発するもの
・危険性のあるもの
・感染性を有するもの
・容積または重量が著しく大きいもの
・土石類

これらについては市では収集、処分することができませんので、一度コチラをチェックしてみてください。

鎌倉市で上記の物の回収をご希望ですか?

鎌倉市近辺の不用品回収業者なら

市区町村別に不用品情報を見る