市内には4箇所のごみ処理施設があります。それが浮島処理センター、橘処理センター、王禅寺処理センター堤根処理センターになります。
市内の一般家庭で発生したごみはすべて、これらの施設に集められ、処理されるようになっています。

4つもの施設があれば十分だろう、と思われるかもしれませんが同市は県内でも特に多くの人口が集中していますので、それだけ排出される家庭ごみの量も多くなります。
そのため、この4施設はつねに非常に高い稼働率となっています。

このままごみが増加し続けたり、どこかの施設の設備更新が必要となった場合などに、その処理能力をオーバーしてしまう可能性も十分に考えられます。

そのため、ごみを減らすための運動などが実施されています。リサイクルの推進やマイバック使用の推進など、さまざまな運動が行われていますが、これらが高い効果を発揮するには、そこで暮らしている住民の一人ひとりが積極的に参加することが求められます。

あなたは、ごみを減らすための運動に参加していますか?積極的に参加することができれば、自分の出すごみについて今以上にしっかりとした意識を持つことができるのではないでしょうか?

隣接自治体:横浜市

川崎市の焼却施設のMAP

・浮島処理センター 川崎市川崎区浮島町
・橘処理センター 川崎市高津区新作1-20-1
・王禅寺処理センター 川崎市麻生区王禅寺1285
・堤根処理センター 川崎市川崎区堤根52

不用品・粗大ごみなどの処分

同市では大型の不用品やごみなどについては月に2回実施されています。事前に受付センターへの申し込みが必要となりますので、忘れないようにしましょう。
支払は料金分のシールを購入する、という形になっていますので、申し込み時に料金の確認を忘れないように注意してください。

同市では、不用品やその他ごみの持ち込みは基本的に受け付けていません。

川崎市で回収する事ができない物

市では以下の品目については回収することができません。
・家電リサイクル法対象4品目
⇒テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機
・パソコン類
・事業によって排出されたごみ
・処理困難物
・自動車、バイク等

これらを処分したい場合は、各自で民間の不用品を回収している業者などを手配することになります。リサイクル法が施行されてから、不用品の回収が可能な業者などの数は年々増加しています。
選択肢が多くなったことによって、よりあなたにマッチした業者選びは難しくなってしまったとも言えるかもしれません。
なかなか自分にマッチする業者を見つけることができない、またはどのように不用品を処分するプランを立てれば良いのかわからない、という場合はコチラをご確認ください。

川崎市で上記の物の回収をご希望ですか?

川崎市近辺の不用品回収業者なら

市区町村別に不用品情報を見る