松阪市のごみ処理施設

三重県の経済拠点の一つとされる松阪市。江戸時代には伊勢商人の、現代では松阪牛の産地として全国的に有名です。高級和牛を目当てに、伊勢神宮参拝の途中で立ち寄る観光客も少なくないようです。

同市のごみ処理方法は、第二清掃工場(桂瀬町744-1)での焼却と、第一清掃工場(平尾町351-2)での選別・破砕です。第二清掃工場では、全連続運転式ストーカ炉2基で年間約4万tの可燃ごみを処理してきましたが、竣工から30年が経過し、近年施設の老朽化が深刻となりつつあります。資源のリサイクルも可能な、施設の一元化の必要性が高まったことから、2015年4月1日の稼働開始を目指してクリーンセンター(桂瀬町751)の建設・整備が進められています。
松阪市の回収できない物はこちら

松阪市の焼却施設のMAP

・ 第一清掃工場(平尾町351-2)
・ 第二清掃工場(桂瀬町744-1)

不用品・粗大ごみなどの処分

現在、同市では大型のごみは収集していません。家電リサイクル品を除く小型の家電製品や、自転車(ごみであることを明記)はプラスチック類や金属類と一緒に燃えないごみとして出すことができますが、長さが1mを超えるようなものは各自で第一清掃工場に持ち込む必要があります。

また、金属部品のついた大型家具、スプリング入りベッドマット、ソファやマッサージ機なども処理が可能です。木製の家具や大量の木の枝といった、焼却が可能な大型のものは第二清掃工場で処理を依頼してください。受付時間はいずれも、月~金曜日の午前8時30分12時・午後1時~4時30分となっています。「平日は仕事が休めない」という人も、祝日が月曜日の場合は操業していますので活用しましょう。

処分手数料は100kg以下であれば無料ですが、それ以上になる場合は100kg以下の分も含めて10kgあたり150円がかかります(例:110kgなら1650円)。また、土砂やブロック、コンクリート片など(家庭で出たものに限る)は埋立物として最終処分場(上川町985)で引き取ってもらえます。受付時間は処理工場に準じますが、処理料が異なるので注意してください。

* 車両の最大積載量が350kg以下:2000円
* 同350kg超~ 500kg以下:5000円
* 同500kg超~1000kg以下:10000円
* 1000kg超は500kgごとに5000円加算(すべて1車両につき)

松阪市で回収する事ができない物

家電リサイクル品は販売店に処分を依頼するか郵便局でリサイクル券を購入の上、指定引き取り場所へ搬入してください。第一清掃工場へ持ち込む場合は、別途手数料も必要です。

* 冷蔵庫・冷凍庫:1000円
* エアコン:800円
* テレビ:300円
* 洗濯機・衣類乾燥機:500円

この他、タイヤやバッテリー、ガソリンや灯油などの廃油などの処理困難物、ガスボンベや薬品・農薬などの危険物は市では収集も処理も受け付けていません。

松阪市で上記の物の回収をご希望ですか?

松阪市近辺の不用品回収業者なら

市区町村別ごみ処理施設案内変更

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

エリアから探す



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意 ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

ブログ記事一覧

トップへ戻る