宮古島市のごみ処理施設

宮古島市は宮古列島に属する宮古島全域、池間島、大神島、来間島、伊良部島、下地島から成っています。宮古島と池間島、伊良部島、来間島はそれぞれ橋で結ばれ、伊良部島と下地島も6本の橋で繋がれています。

熱帯雨林気候または温帯湿潤気候とされ、年間を通して平均気温や湿度は高め。マリンスポーツやビーチリゾートのイメージが強いかもしれませんが、沖縄の地酒である泡盛の酒造所が集中していたり、サトウキビを原料とするバイオエタノール製造プラントが建設されるなど、観光業以外の産業も盛んです。同市のごみ処理施設では準連続運転式(交代式で16時間稼働する方式)ストーカ炉2炉を保有。市内のごみ処理を一手に引き受けています。

宮古島市の回収できない物はこちら

宮古島市の焼却施設のMAP

・ クリーンセンター平良工場(沖縄県宮古島市平良西仲宗根565-6)

不用品・粗大ごみなどの処分

同市の大型ごみの処分は処理券を購入して収集日に搬出するという形です。テーブルや机、ソファ、ベッドマットやカーペットといった家具類は1点あたり200円。オルガンやエレクトーン、オーディオセットやゴルフセットも出すことができますが、1点につき1枚必要です。

自転車やベビーカー、布団、家電リサイクル法に該当するもの以外の電化製品(ビデオデッキ、電子レンジ、扇風機、掃除機、炊飯器、電気ストーブなど)、ワープロや家庭用のプリンターなどは1点100円です。金属が含まれるおもちゃや、他自治体ではNGとされる鉄アレイなども出すことができます。

しかし、収集してもらえるからと安易にごみにするようなことはせず、できるだけフリーマーケットなどで引き取り手を探すなど、活かす方法を考えたいものです。剪定枝葉は指定のごみ袋に入れるか直径15cm以下に束ねて出しましょう。上野資源リサイクルセンター(上野字野原1190-212)へは10kgあたり30円の処理料で持ちこむことが可能です。同センターでは回収した枝葉の堆肥化を行っています。

クリーンセンター平良工場(市内平良西仲宗根565-6)では、一般家庭からの多量ごみ(引っ越しや改築などで出たもの)の処理を受け付けています。処理料は5kgごとに20円、月~土、午前8時30分~12時、13時~17時15分の間に分別して自己搬入してください。

宮古島市で回収する事ができない物

医療系廃棄物(使用済みの注射針やガーゼなど感染の恐れのあるもの)や産業廃棄物、適正処理困難一般廃棄物(タイヤやバッテリー、消火器、化学薬品や農薬などの危険物など)は専門の不用品回収業者にご確認ください。家電リサイクル法・パソコンリサイクル法の対象となるものも同様です。

宮古島市で上記の物の回収をご希望ですか?

宮古島市近辺の不用品回収業者なら

市区町村別ごみ処理施設案内変更

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

エリアから探す



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意 ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

ブログ記事一覧

トップへ戻る