名護市のごみ処理施設

名護市は沖縄本島の最北端に位置する市で、島内では最大の面積を有しています。2000年に九州・沖縄サミットが開催された市としても有名ですね。人口は約6万人、商業や農業、漁業が盛んで、沖縄北部の中心地とされています。

同市のごみを処理する環境センター(市内宇茂佐1710-3)では、機械化バッチ式の焼却炉2炉で、1日(8時間稼働)に40t を焼却しています。しかし、同市はごみの排出量に対してリサイクル率が県内でも最も低いため、近年は指定ごみ袋による収集・処理の有料化など、ごみを「減らす」方向へシフトする試みがなされています。

名護市の回収できない物はこちら

名護市の焼却施設のMAP

・ 環境センター(沖縄県名護市宇茂佐1710-3)

不用品・粗大ごみなどの処分

沖縄県の多くの自治体と同様、市指定のごみ袋に入らないものは収集を個人で依頼しなくてはなりません。環境衛生課(電話:(0980)52-1532または52-0003)へ電話予約の上、コンビニやスーパーで処理券を購入してください。一回の予約につき3個まで受付が可能です。受付番号・氏名など必要事項を記入した処理券を一個に一枚ずつ貼付し、予約した日の朝8時30分までに所定の場所に出しておきましょう。

環境センター(市内宇茂佐1710-3)へ直接持ち込む方法もありますが、重量や一辺の長さで小型・大型に分けられ、処理料も異なるため注意が必要です。重量13kg未満で一辺が100cm未満であれば小型(処理料一点あたり200円)、それ以上なら大型(同350円)となります。

また、草や樹木は指定袋に入る分については処理券不要で搬入できます。できるだけ短く切ることをお勧めします(1m以内が目安)。電話予約後、処理券を購入して受付番号や氏名を記入するまでは他の大型ゴミと同じですが、環境センターへ持ち込む際に提出しなくてはいけませんので気をつけてください。費用は以下のとおりです。

貨物物車載相当量まで:600円
1t車載相当量まで:1000円
2t車載相当量まで:1400円
4t車載相当量まで:2000円

同市の最終処分場は平成7年度から使用を始めていますが、埋め立てる量には限界があります。そのため、市はごみの分別を徹底するよう呼びかけています。

名護市で回収する事ができない物

家電リサイクル法の対象となる4品とパソコン及びその周辺機器、携帯電話、自動車・オートバイなどは同市では収集できません。環境センターでも引き取っていませんので、販売店やメーカーに相談しましょう。また、一般処理困難物とされるタイヤやバッテリー、ピアノ、ボートや危険物・感染性のあるものも同様です。これらは不用品回収業者に任せるのが最適です。この他、処分方法がわからないものについても問い合わせてみてください。

名護市で上記の物の回収をご希望ですか?

名護市近辺の不用品回収業者なら

市区町村別ごみ処理施設案内変更

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

エリアから探す



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意 ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

ブログ記事一覧

トップへ戻る