沖縄市のごみ処理施設

沖縄市は県下第2位の人口があり、県内でも国際色豊かな土地柄で知られています。特に中心部は外国人が日常的に多く訪れたり、商店の看板も日本語と英語が併記されていたりと、まるで外国の街のような雰囲気があります。人口は13万人超、観光客を含めればもっと多くの人が同市で生活していることになりますが、ごみについてはどうなっているのでしょうか。

同市の集められたごみを一手に引き受ける倉浜衛生施設組合(市内字池原3394)では流動床式ガス化溶融炉3炉で、1日に300t以上を処理しています。もちろん規模は県下最大。さらに、より清潔で魅力的な街を目指して、ごみを減らす運動にも積極的に取り組んでいます。

沖縄市の回収できない物はこちら

沖縄市の焼却施設のMAP

・ 倉浜衛生施設組合(沖縄県沖縄市字池原3394番地)

不用品・粗大ごみなどの処分

同市では指定のごみ袋(大)に入らない大型のごみの収集日は設定されていないので、電話で引き取りを依頼することになります。専用受付電話(098-938-5371)または環境課クリーン係(電話:098-939-1212 内線:2223~2226 Fax098-934-0609)へ申し込み後、市内のコンビニ・スーパーなどで処理券(1枚300円)を購入してください。処理券はごみ1個または1束につき1枚必要です。受付番号を処理券に記入し、指定の日に搬出して完了です。

注意点として、タンスや机、ブラインドなどの家具類、金属やプラスチック製パイプは高さまたは長さが2mまで。角材や板きれは長さ1m程度、重さ20kg以内に収まるように束ねてください。また、カーペットやじゅうたん、畳、電子ピアノ、自転車なども出すことができます。ただし、指定ごみ袋に入っても収集車を破損させる恐れのある鉄アレイやガスコンロ、石油ストーブなどは大型ごみ扱いとなります。

家庭から出た多量のごみ(一度に100kg以上または指定袋10袋以上)は、倉浜衛生施設組合へ自己搬入することができます。きちんと分別を行ってから環境課窓口で申請してください(受付:祝祭日を除く月~金 8時30分~12時・13時~15時30分)。大型のものは通常の収集と同様に処理券の貼付が不可欠です。

実際に持ち込むものをチェック・承認後、発行された許可証を持って当日中に処理施設へ運搬してください(受付:祝祭日を除く月~金 8時30分~11時30分・13時~16時30分)。認印が必要なので、忘れずに持参しましょう。

沖縄市で回収する事ができない物

産業廃棄物を始め、適正処理困難物とされるガスボンベや消化器、自動車・オートバイ本体とその部品、ピアノなどは同市では処理も収集、処理施設への持ち込みも不可です。不用品回収の専門業者に依頼しましょう。

家庭用のパソコン類や家電リサイクル法の対象となる電化製品は購入した販売店で引き取ってもらうのが基本ですが、無理な場合にも相談してみてください。

沖縄市で上記の物の回収をご希望ですか?

沖縄市近辺の不用品回収業者なら

市区町村別ごみ処理施設案内変更

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

エリアから探す



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意 ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

ブログ記事一覧

トップへ戻る