食品リサイクルの対象品目と法律

食品リサイクルの対象品目と法律

食品のリサイクルといえばあなたはどのようなものをイメージしますか?
私たち一般人の生活の中ではあまり食品を再利用する、と言っても具体的なイメージをすることはできないかもしれません。
私たちの日常生活の中では、食品はできるだけ無駄がないように使用する、ということは考えても、再利用をするということはあまり考えないでしょう。

しかし、食品メーカーや飲食店、コンビニやスーパーなどでは毎日のように廃棄しなければならない食品が出ています。
これらの再利用について定められているのが食品リサイクルに関する法律になります。

この法律の対象になる食品の廃棄物

どのような食品の廃棄物がこのリサイクル法の対象となるのでしょうか?
これは大きく分けて2つに分類されます。

食品リサイクル対象2品目

食品リサイクル対象2品目

一般廃棄物

産業廃棄物

どのようにリサイクルされるの?

これらの廃棄物はもう食用としては使用することができませんので、主に飼料や肥料として再利用されることになります。

食品メーカーや飲食店など、食品廃棄物を出すことになるすべての業者が対象となっています。

それと当時に、できる製造過程や生産数を見直し、できる限り食品廃棄物のを減らすことも求められています。

どのようにリサイクルされるの?

どのようにリサイクルされるの?

この廃棄物の減量や再生利用への取り組みが不十分なメーカーに対する具体的な罰則は現時点ではありませんが、その具体的な企業名を公表する可能性もあるとされています。

食品の廃棄物に関しては、メインとなる目的は再利用ではなく、あくまでその量を減少させることにあります。

現在、この取り組みが義務づけられているのはメーカー側ですが、私たち消費者もできる限り食品を無駄にすることのないように生活を送るようにしましょう。

リサイクル法の関連記事