遺品整理

大切なご家族がなくなったときに、故人が所有していたさまざまな物を整理する必要があります。アパートなどで一人暮らしをされていたの場合、当然一定の期間で引き払わなければなりません。

様々な手続きと対応
様々な手続きと対応
遺品整理はもちろんのこと、不用品の処分や、ハウスクリーニング、補修が必要であればその修復、そして案外手間が必要となるのが部屋を引き払うための手続きです。

詳細▶

形見分け
形見分け
亡くなったご家族が使用していたものは思い出の品として保管しておきたい。しかし、人一人が生活に使用していたものをすべて保管しておくことは簡単な事ではありません。

詳細▶

ハウスクリーニング
ハウスクリーニング
故人が生前住んでいたアパートやマンションなどを引き払う際、ハウスクリーニングを求められるケースも少なくありません。

詳細▶

補修工事
補修工事
物件の引き払い時での補修工事。基本的に、借りていた部屋や家は原状に回復して引き払うことになりますので、補修や修復が必要な場合は業者を手配することになります。

詳細▶

遺品整理について

大切なご家族な亡くなってしまうと、悲しみに暮れている暇はないほどにさまざまなことをしなければならなくなります。

その中に遺品整理というものがあります。

亡くなったご家族のことを想うと、そのままにしておきたいという気持ちになってしまうのは仕方のないことですが、そうすることもできない事情を抱えている方も少なくないでしょう。

たとえば、アパートなどで一人暮らしをされていた方の場合、当然一定の期間で引き払わなければなりません。

そんなとき、家族だけで遺品を整理してしまうことができるでしょうか?そんな手助けをしてくれるのが遺品整理の専門業者です。

ただの片付けと遺品整理は違う

本来の所有者が亡くなってしまっていることから、遺品整理は通常の片付けとは勝手が違います。

いくら家族であっても、所有しているものをすべて把握しているわけではないでしょう。

どこに何があるのかもわからない、といった状況で部屋を整理するのは決して簡単なことではないのです。

専門業者と相談しながらであれば冷静に残しておくべきもの、処分すべきものを分けながら整理をして行くことができるはずです。

業者によっては不用品の無料回収や、ものによっては買取も可能なケースもあります。また、大型の家電品など通常の粗大ごみとして処分することができないものを無料、または格安で回収する、とい ったサービスを受け付けている業者も少なくありません。

まずは現地を確認してもらい、どのような形で遺品整理をするのかを相談してみましょう。

状況によって異なる遺品整理のスタイル

ご家族と一緒に暮らしており、引っ越しの必要などもない場合と、亡くなった方が一人でアパートなどでくらしていて、すぐに引き払わなければならない場合とで遺品整理のスタイルは異なります。

前者の場合は簡単に遺品を整理し、部屋を空ける程度でも十分ですが、後者の場合は荷物をすべて運び出して引き払う準備をしなければなりません。

遺品整理業者ではそのどちらのケースにも対応することができますので、しっかりとした打ち合わせの上で整理の計画を立てるようにしましょう。

専門業者に依頼することによって、大切な遺品をしっかりと整理することができます。まずは一度相談してみましょう。