形見分け

形見分け

遺品を整理する上で重要となるポイントが形見分けです。もちろん、亡くなったご家族が使用していたものはすべて思い出の品として保管しておきたい、という気持ちになってしまうのも無理はありません。しかし、残念ながら人一人が生活に使用していたものをそのまますべて保管しておくことは決して簡単なことではありません。

そこで、必要なものと不用なものを分けなければなりません。しかし、その分別だけでかなりの時間と手間が必要となってしまいます。
大切なご家族を失ったことにより、悲しみに沈んでいる状態で遺品を分別し、整理することができるでしょうか?

専門業者なら形見分けも素早く

専門業者なら形見分けも素早く

遺品整理業者に依頼すると、何もかもを処分されてしまう、といったイメージを持たれていませんか?
決してそんなことはありません。実際に整理をはじめる前に、ご家族と打ち合わせをして残したいもの、処分したいものをしっかりと指定しておけば分別することができます。

もちろん、実際の作業に立ち会いながら処分するものと残すものを分けて行くこともできますので、安心して依頼することができるでしょう。

自分で整理をやっていると、処分すべきものであってもすぐに処分できずに結局そのまま不用なものを残し続けることになってしまう、というケースも少なくありません。ですので、処分すべきものはその場ですっきりと回収することのできる専門業者に依頼することによって、スピーディに、そしてキレイに遺品を整理することができるのです。

また、古物商の免許を持っている業者であれば、不用な品の買取も可能となりますので相談してみましょう。

遺品の輸送も可能

残すべき遺品をご家族の家に配達をすることだって可能です。まとめた遺品をそれぞれの配送先を指定すれば、しっかりと届けてくれますので、大切な遺品の輸送中のトラブルのリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

このように、遺品整理の専門業者に依頼することによって形見分けもスムーズに進めることが可能となります。

遺品整理の関連記事