様々な手続きと対応

様々な手続きと対応

人が亡くなってしまうと、同時にさまざまなことをやらなければならなくなってしまいます。
大切なご家族などを失ってしまった場合、その悲しみの中でこれらをこなすのは決して楽な事ではありません。

そこで、専門業者などに委託することができる部分は任せてしまってはいかがでしょう?

部屋を引き払うための手続き

ただの片付けと遺品整理は違う

部屋を引き払う際には契約の解除や立ち会いの上での部屋の確認などが必要となります。
これらを代行してくれる不動産会社などの業者も存在していますが、別で依頼するとなるとそれなりの費用が必要となりますし、手間を少しでも省くために依頼するにもかかわらず、業者探しや契約などでまた余計に手間が必要となってしまうこともあります。

そこで、遺品整理業者にまとめて依頼してみてはいかがでしょうか?
今日の遺品整理業者では単に遺品を整理するだけでなく、それに関わるさまざまなサービスを用意しています。
部屋を引き払うための各種手続きもその一つです。

死亡後3ヶ月以内にやらなければならない手続き

手続きは部屋などに関するものだけではありません。死亡後にやらなければならない手続きはまだまだあります。
3ヶ月以内に行う必要のある手続きだけでも、遺言書の有無の確認、相続人確定、年金・保険の請求、相続の放棄・限定承認の手続き…これらをすべてこなさなければなりません。

面倒なことにそれぞれの手続きをすべて同じ機関でできるわけではありません。また、専門的な知識を持っていなければスムーズに手続きを進めることのできないことも少なくありません。

こういった多くの手続きも同時に依頼することが可能です。

遺品整理と同時に依頼することで

さまざまな手続きも遺品整理と同時に依頼することによって、業者探しや打ち合わせ、契約などの手間を大幅に省略することが可能となります。

当然、一つの業者にまとめて依頼することによって費用面でもかなり有利になるはずです。

遺品整理業者といえば、ただ単に遺品を整理したり、不用品を処分するだけの業者だと思っていませんでしたか?
しかし、さまざまなニーズに答える形で今日の遺品整理業者はさまざまな役割を持つようになってきています。
大切なご家族が突然亡くなってしまい、まずはどうすれば良いのかわからない…そんな時はまずは一度相談してみてください。

遺品整理の関連記事