埼玉県の不用品・廃品・粗大ごみ回収会社一覧エリアのオススメ回収業者

グローバル回収 [ 法人・個人 ]

  • エリア
    東京都埼玉県
  • 対応可能
    回収物
    • 家具
    • 生活家電
    • OA機器
    • 厨房機器
    • 粗大ごみ
  • TEL
    対応時間 24時間対応

バリュー1 [ 法人・個人 ]

  • エリア
    東京都千葉県神奈川県埼玉県茨城県
  • 対応可能
    回収物
    • 家具
    • 生活家電
    • OA機器
    • 厨房機器
    • 粗大ごみ
  • TEL
    対応時間 7:00~22:00

埼玉県のごみ減少に対する運動から考えるべきこと

日本でももっとも多くの人が集まるエリアである首都圏。その中でも、東京のベッドタウンとして機能している埼玉県には非常に人口が集中しています。

そこで暮らす人が多くなれば、それだけ多くのごみが出ることになります。私たちは一切のごみを出さずに生活することはできないのです。

しかし、ごみを減らすことはできるでしょう。一人一人ができるだけごみを減らすための意識を持つことによって、ごみ問題を解決することができるかもしれません。

特に埼玉県では、ごみの削減やリサイクルに関するさまざまな取り組みを行っています。あなたもこの取り組みに協力してみましょう。

出されるごみの量を減らすために

まず、ごみを減らすためにできることを考えてみましょう。
一般的に、毎年8月は排出されるごみの量がもっとも多くなる季節と言われています。どうして8月なのでしょう?

一年間でもっとも暑い季節ですので、多くの飲料が消費されることになります。その飲料の入っているペットボトルや紙パックなどがごみとして排出されることが、その要因の一つなのではないでしょうか?

近年ではペットボトルや紙パックのリサイクルも盛んになっています。
かつては通常の燃えるごみとして収集され、焼却処分されていましたが、今日では別に仕分けてリサイクルされるようになりました。

もちろん、依然としてリサイクルすることの難しい可燃ごみに関しては焼却処分されることになります。

埼玉県にもリサイクルに対応した施設が多くなってきていますが、やはりリサイクルをすることにもエネルギーが必要となります。

それを考えると、排出するペットボトルや紙パックなどの飲料容器そのものを減らすための努力をしなければならないのかもしれません。

そのための運動がこれからお話する「みんなでマイボトル運動」です。

みんなでマイボトル運動

あなたは飲料を購入する時、どうしていますか?ほとんどの方がペットボトルや紙パック、紙コップなどに入ったものを購入しているのではないでしょうか?
現在、日本では基本的に飲料を購入する際にはこういった方法しか選択肢がありません。

しかし、飲み終わってしまったらその空き容器はごみになってしまいます。これを削減することを目的とした運動が「みんなでマイボトル運動」です。

全国で同様の活動が広まりつつありますが、埼玉県では特にこの活動に力を入れています。

県で協力店を募り、お店によってはマイボトルを持参することによって、値引きなどのさまざまなサービスを受けることができるようになっています。

この特典は、お店の判断によって決定されますので具体的に決まっているわけではありませんが、自分でボトルを用意するだけですので、手間よりメリットの方が大きいと感じることができるのではないでしょうか?

最近ではさまざまなデザインのボトルやタンブラーなども登場していますので、お気に入りのものを見つけることができれば、より生活を豊かで楽しいものにすることができるかもしれません。

協力店は県から配られるのぼりやステッカーで見分けることができますので、これを目印に飲料などを購入するお店をチョイスしてみましょう。

不用品を個人レベルでリサイクル

リサイクルと言うと、自治体や企業などが中心となっておこなうもの、というイメージが強いかもしれません。
しかし、リサイクルに対する意識の強い埼玉県では、リサイクルを目的とした不用品回収や廃品回収業者が非常に多くなっています。

これまで粗大ごみとして処分していた大型の家具などをこういった業者の回収に出すことによって、ごみとして処分されるのではなく、必要としている人に安価で販売され再利用されることになります。
近年多くなってきているリサイクルショップもその一つでしょう。

また、こういった業者だけでなく、ネットオークションなどによって不用品を必要な人へ手軽に販売することも可能となっています。

こうして考えると、今やリサイクルは自治体や企業だけのものではなく、個人レベルでもできることであると言えるのではないでしょうか?

もちろん、産業廃棄物も非常に多いことには変わりありません。処分にも多くの費用が必要となりますし、もちろん環境への影響もとても大きなものです。

ですが、最終的に産業廃棄物も私たちの生活を支えるために排出されているものであることを意識できていますか?

もしかすると、私たちは自分で意識することのできないところでも多くのごみを排出しているのかもしれません。

意識を少し切り替えることで…

確かに、リサイクル法などの制定によって、ごみや不用品の処分には多くの手間が必要となってきました。

これまでは粗大ごみとして気軽に出すことができていたものが自治体では回収することができなくなっていたり、まとめて捨てることができていたものを分別しなければならなくなったりで、面倒だと感じてしまう方も多いかと思います。

しかし、少しだけ意識を切り替えてみましょう。本来はごみではなく資源であったものが正しくリサイクルされるのは当然のなのではないでしょうか?

逆にこれまでは本来は資源であるものを捨ててしまっていた、と考えると、これまでとてももったいないことをしていた、と思えるはずです。

ごみ問題、環境問題は私たち全員に関わってくるとても重要な問題です。あなたももう一度しっかりと考え直してみましょう。

不要品を自分で処理する方法

不要品を自分で処理する方法
  • 普通ごみで回収してもらう
  • 清掃センターに直接搬入
  • 戸別に回収してもらう