彦根市のごみ処理施設

同市は観光地としても有名な、滋賀県北東部の中心的都市です。
しかし、人口は約11万人と決して多くないにも関わらず、ごみの年間排出量は県下ワースト1。1日あたり約120t、市民一人が毎日1kg 以上を出している計算になります。
この事態を憂慮して、市はごみの削減・リサイクル活動に力を入れています。

市内のごみは種類を問わず清掃センター(野瀬町279-1)に集められます。
ここでは焼却施設を始めとするあらゆるごみの処理施設となっており、資源として再利用できるものの選別も行っています。
可燃ごみは3基のストーカ炉で焼却され、ダイオキシンや塩化水素も除去されたのち、灰は最終的に大阪湾広域臨海環境整備センター尼崎基地に搬出されます。
不燃ごみはビン・缶・プラスチック・粗大ごみなど種類別にそれぞれの処理場に運ばれます。
例えば、缶にはアルミとスチールがあるのはご存知ですよね。これらは処理工程において選別機によって分けられた後、圧縮されて資源となります。
大型のごみは粗大破砕機で細かく砕かれ、やはり選別にかけられます。鉄・アルミは回収、フロンは専用の回収機を使います。
少々厄介なのがビンの処理。
ビンには無色のものから青、黒、茶色、緑などさまざまな色がありますが、今のところこれを分別できる機械はありません。人の手によって行われているのです。ごみに出す前に、酒屋などで引き取ってもらえないか、不用品回収に出せないかなどできるだけ調べてみてください。
彦根市の回収できない物はこちら

彦根市の焼却施設のMAP

・ 清掃センター(野瀬町279-1)

不用品・粗大ごみなどの処分

同市では地域によって週1回粗大(大型)ごみの収集日が設けられていますが、清掃センター(電話:0749-22-2734)に申し込めば自宅まで引き取りに来てもらうこともできます。
家具やベッド、オルガンなど個人で搬入することが難しい大型のものも運搬してくれるのが嬉しいですね。
まずは出したいもののいちばん長い部分を測りましょう。それによって料金が決まってきます。
清掃センターに連絡し、必要事項を確認の上申し込んだらスーパーや個人商店などの取扱店で処理券を購入してください。
料金は、

* 45リットル以下のビニール袋:1袋400円
* 50センチ未満:1個400円
* 50センチ以上1.0メートル未満:1個600円
* 1.0メートル以上1.5メートル未満:1個900円
* 1.5メートル以上2.0メートル未満:1個1,200円
* 2.0メートル以上3.0メートル未満:1個1,500円

となっています。
長さ1メートル未満で、電源に繋ぐタイプの小型家電であれば5点まで400円、他の大型ごみと一緒なら無料になります。

彦根市で回収する事ができない物

テレビや冷蔵庫など家電リサイクル対象品、パソコン類は市では処理できません。
タイヤやバッテリー、ホイールなどの自動車部品も収集不可です。
「これってどうしたらいいの?」と判断に迷う場合は、こちらへご相談ください。→

彦根市で上記の物の回収をご希望ですか?

彦根市近辺の不用品回収業者なら

市区町村別ごみ処理施設案内変更

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

エリアから探す



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意 ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

ブログ記事一覧

トップへ戻る