草津市のごみ処理施設

草津市は滋賀県下で大津市に次ぐ人口を有しています。可住地面積人口密度は10倍以上の広さのある高島市の2倍以上。集中地区に至っては県庁所在地である大津市を超えています。ごみの年間排出量が一時4万t以上となったことから、同市では各家庭での生ごみ処理器購入を補助したり、不用品回収の実施団体へ奨励金を交付したりとごみ減量に積極的な取り組みを始めました。その結果、平成25年度の統計では、総世帯数が増加したにもかかわらずごみそのものは減っているという効果が明らかになっています。

市内ではごみが11種類に分別されます。可燃ごみを始め、すべてのごみはクリーンセンター(馬場町1200)へ搬入され、資源回収の後焼却・破砕処理となります。
草津市の回収できない物はこちら

草津市の焼却施設のMAP

・ クリーンセンター(馬場町1200)

不用品・粗大ごみなどの処分

クリーンセンターでは「やむをえない場合のみ」直接搬入を受け付けています。引っ越しなど、一時的にごみがたくさん出た時は、きちんと分別して持ちこむようにしましょう。月曜から金曜までの午後1時~4時と、制限はありますが大型のごみでなければ予約不要で利用することができます。

一回の搬入量が200kg以下なら10kgあたり110円、それ以上は170円の手数料がかかりますので、計量後窓口で現金にて支払ってください。いちばん長い辺が50cmを超えるもの、重量が10kg以上のものは有料回収となります。まずは収集日の7日前までに受付専用ダイヤル(電話:077-561-2300)、市役所1階15番窓口のごみ減量推進課のいずれかへ申し込んでください。受付は開庁日のみですので注意しましょう。

予約後、市役所やJA、市内のスーパーなどで料金分の処理利用券を購入します。ごみ一点ずつに氏名を記入して貼付、収集日当日の朝9時までに玄関先など取り決めた場所に出しておいてください。なお、処理利用券は払い戻しができません。購入の際はよく確認するようにしましょう。

草津市で回収する事ができない物

家電リサイクル品・パソコン類の他、毒物や農薬、ガソリンなど有害性・毒性・揮発性のあるものは収集・処理施設への持ち込みも不可となります。また、タイヤや自動車部品、バッテリー、ピアノや消化器などの「処理困難物」とされるごみは販売店や専門の県許可業者にご相談ください。

園芸などによる大量の土・砂も廃棄物としてはお取り扱いできません。お住まいの自治会や、市の環境推進課に問い合わせてみましょう。産業廃棄物については、南部環境総合事務所環境課(電話:077-567-5444)で詳しい説明を受けることができます。

草津市で上記の物の回収をご希望ですか?

草津市近辺の不用品回収業者なら

市区町村別ごみ処理施設案内変更

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

エリアから探す



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意 ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

ブログ記事一覧

トップへ戻る