野洲市のごみ処理施設

人口約5万人の野洲市には、焼却施設や各種資源ごみ・大型ごみの処理施設を兼ね備えた野洲クリーンセンター(大篠原3333-2)があります。焼却炉は全連続運転ストーカ式で、1日に90tの処理が可能です。昭和57年の稼働開始以来、同市のごみ処理を一手に引き受けてきましたが、老朽化によって適切に行えなくなることへの危惧から、最新式の設備を導入した新・野洲クリーンセンター(仮称)の整備を計画しています。
野洲市の回収できない物はこちら

野洲市の焼却施設のMAP

・ 野洲クリーンセンター(大篠原3333-2)

不用品・粗大ごみなどの処分

市指定のごみ袋に入りきらないもので、サイズが180cm×100cm×80cm以下、重量50kg以下のものを1点とします。カーペット類は一辺が1m以下になるように切断しましょう。市役所別館にある環境課や旧分庁舎内の市民サービスセンター、市内のスーパー・コンビニなどで指定のシール(1枚300円)を購入し、氏名を明記した上でごみに貼り、指定の場所に朝8時までに出してください。リユース可のものは、氏名の横に○印をつけておきます。できるだけごみを減らすためにも、再利用のできそうなものは活用に協力したいですね。

直接野洲クリーンセンターに持ち込む場合は、1ヶ月に車両積載重量1t未満であれば事前申請は不要です。毎週月~金曜及び毎月第一土曜(祝祭日・年末年始を除く)の午後1時~4時の間に搬入してください。場内では係員の支持に従い、持ち込み者自身で安全確認の上荷降ろしをします。持ち込んだものによってはさらに解体や切断が必要な場合がありますが、この時も自分で行うことになります。

高齢者など自分で搬入することが難しい時は事前に相談するか、不用品回収業者に依頼しましょう。料金は可燃物・ペットボトル類で10kgあたり96円、それ以外は101円です。現地で計量後、現金払いとなります。指定ごみ袋に入っていたり、シール貼付済みのものでも搬入手数料がかかるので注意しましょう。

また、市で収集できないものはクリーンセンターでも受け入れ不可のため、持ち帰ることになります。同市の埋め立て施設である蓮池の里第二処分場へ土砂瓦礫を持ちこむ場合は、家庭から出たものに限り1ヶ月に1回、100kg以下なら申請なしで可能です。こちらは10kgにつき129円の手数料が必要です。

野洲市で回収する事ができない物

土砂や建築廃材など、業者を介したものは収集・直接搬入いずれも不可となります。
家電リサイクル品は購入した販売店に直接回収を依頼してください。その他、リサイクル料金を支払って指定引取場所へ持ちこむ、別途費用が必要になりますが市に収集運搬を頼むといった方法もあります。

野洲市で上記の物の回収をご希望ですか?

野洲市近辺の不用品回収業者なら

市区町村別ごみ処理施設案内変更

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

エリアから探す



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意 ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

ブログ記事一覧

トップへ戻る