栗東市のごみ処理施設

名神高速道路のインターチェンジや、JRA(日本中央競馬会)のトレーニングセンターがあることから、人口は7万人未満の小都市でありながら知名度の高い栗東市。
同市が有する環境センター(六地蔵31)は、38000平方メートル近い広大な敷地に多種多様なごみの処理施設を備えています。

「地球環境」をイメージした建物外観、「ごみは資源」のテーマに基づき、回収されたビン類を再利用した素材の外壁タイルを使用したりと、ごみ問題を身近に考えられるような工夫がこらされています。焼却炉は全連続式ストーカ炉、灰は回転式表面溶融炉で24時間処理が可能。もちろんダイオキシン類などの大気汚染、騒音・防臭対策も万全です。施設内で発生した排水も、場内循環を行い、外へ出すようなことはありません。不燃ごみや資源ごみ、大型のごみはリサイクルプラザで破砕・選別された後、可燃物と不燃物にさらに分けて処理されます。
栗東市の回収できない物はこちら

栗東市の焼却施設のMAP

・ 環境センター(六地蔵31)

不用品・粗大ごみなどの処分

ベッドやタンスなどの大型家具(だいたい20Kgをこえるようなもの)や、破砕ごみの指定袋に入らない場合は指定ごみシールを貼りつけて、収集日に破砕ごみ集積所に出してください。シールは市内のスーパーなど指定ごみ袋販売店で購入できます。大型家具は500円(青色)、その他はオレンジ(150円)です。氏名の記入と、ごみ1点1点の貼付が必要です。ただし、テレビや冷蔵庫、洗濯機、エアコンはシールが貼ってあっても回収の対象外です。

環境センターへ直接持ち込む場合は、市役所環境政策課(直通電話:077-551-0341)へ自己搬入の申請をしてください。祝祭日と年末年始を除く月・火・金曜の午後1時~4時30分で受け付けてくれます。処理料は10kgあたり100円ですが、指定ごみ袋に入れたものや指定ごみシールを貼付してあるものは無料です。なお、同市では戸別回収は行っていないので、自力で環境センターへ運べない時は不用品回収の専門業者に依頼することになります。

栗東市で回収する事ができない物

家電リサイクル品は購入した店に引き取りを頼んでください。家電リサイクル法施行以降に購入したものであれば、その費用に処分料が含まれていることがほとんどなので、まずは問い合わせてみましょう。

リサイクル料金を負担すれば指定引取場所に持ち込むこともできます。平成15年10月1日以降に購入したパソコン類はリサイクル料金が不要(それ以前のものは有料)です。各メーカーの受付窓口に申し込んでください。

栗東市で上記の物の回収をご希望ですか?

栗東市近辺の不用品回収業者なら

市区町村別ごみ処理施設案内変更

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

エリアから探す



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意 ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

ブログ記事一覧

トップへ戻る