千葉県の不用品・廃品・粗大ごみ回収会社一覧エリアのオススメ回収業者

バリュー1 [ 法人・個人 ]

  • エリア
    東京都千葉県神奈川県埼玉県茨城県
  • 対応可能
    回収物
    • 家具
    • 生活家電
    • OA機器
    • 厨房機器
    • 粗大ごみ
  • TEL
    対応時間 7:00~22:00

千葉県での個人レベルでできるごみ対策

かつては完全に各自治体に任せられていたごみの処理やリサイクルについてですが、増え続けるごみや資源の不足などから、国レベルで法規制などが進められるようになってきました。

特にごみ問題が深刻となっているのが首都圏エリアです。人口が集中している分、出されるごみの量も非常に多く、その対策を打たなければならなくなっています。

特に、東京で働く方のベッドタウンとして、多くの人が暮らしている千葉県でもこのごみ問題はとても深刻なものとなっています。

自治体での対策だけでなく、個人レベルでしっかりと考えなければならない段階になっているのです。

無駄の多さから考えることができること

1年間でもっとも多くのごみが排出されるのは、一般的に8月であると言われています。
これはどういうことを意味するのでしょうか?

まずはあなた自身が8月にどのような生活を送り、そしてどのようなごみを排出しているのかを考えてみてください。

8月は飲料をはじめとして多くの食品などが消費される時期です。
その際に出るごみといえばやはりペットボトルをはじめとする包装容器類でしょう。

しかし、本当にその包装や容器は必要なものなのでしょうか?
中には無駄なものもあるはずです。

個人レベルで考えるごみ問題

あなたはごみ問題に対してしっかりと向き合うことができていますか?
近年ではリサイクルに対する意識が少しずつ高まってきていますが、まだまだ日本はこの分野では後進国とされています。

まず、なるべくごみを出さない生活を送るためにできることを考えてみましょう。
毎日の買い物の際、あなたはどのような点に注意していますか?
ほとんどの方がその商品の品質や価格を中心にチェックし、買うものを決めているかと思います。

しかし、そこに「環境に良いもの」というポイントを追加してみてはいかがでしょうか?
リサイクルすることのできる包装容器が使用されているもの、また再生品によって作られたものを優先的に選ぶことによって、ごみ問題や資源の不足への対策に参加することができるのです。

また、ごみがあまり出ない簡易包装を採用しているものを選んだり、エコバッグを使うことによって、出すごみを大幅に減らすことだって可能です。

ごみ問題への対策と言うと少し大げさで、自分にはあまり関係のないものと思ってしまいがちです。
しかし、このように少しだけ生活スタイルを工夫することによってその対策にあなたも参加することができるのです。

それって本当にごみなの?

千葉県内でも近年、リサイクルショップなどの不用品回収業者や廃品回収業者が多くなってきています。
あなたはこういった業者を利用したことはありますか?

何かを捨てようと考える際に、一度それは本当にごみなのかを考え直してみましょう。
これまでは粗大ごみとして処分していた家具や電化製品などを見直してみてください。

ほとんどはまだ使用することができるのではないでしょうか?
あなたにとっては確かに不用品なのかもしれませんが、それを必要としている人だっているかもしれません。

これらを単に処分してしまうのではなく、しっかりとした専門業者に回収してもらうことによって、それはごみではなくなるかもしれないのです。

少し面倒に感じられるかもしれませんが、メリットだってないわけではありません。
大型家電品などを処分する場合には、法で定められたリサイクル料を支払わなければなりません。
これは千葉県に限らず、全国で共通しています。

しかし、まだ使用可能なものである場合は無料で回収してもらうことができたり、場合によって買取をしてもらえることもあります。

リサイクル料を支払うべきところが、無料になったりお金になることもありますので、これは大きなメリットと言えるのではないでしょうか?

最近では自宅まで回収に来てくれる業者も少なくありませんので、積極的に利用し上手に不用品を処分するようにしましょう。

リサイクルによって環境問題に貢献することができるばかりでなく、あなた自身にとってもメリットがあることです。

産業廃棄物を減らすための取り組み

個人レベルではなく、企業のレベルでもごみの削減のことを考えなければならなくなってきています。
さまざまな企業から出される産業廃棄物の量も年々増え続けています。

この産業廃棄物を減らすための取り組みとして、企業によっては自社内での廃棄物の処分やリサイクルに取り組んでいるところも少なくありません。

現時点ではそれほど大きな効果は得られていませんが、この動きが広がって行けばきっと良い結果を出すことができるのではないでしょうか。

確かに、法整備によって個人レベルでも企業レベルでも、不用品を処分するのに多くの手間がかかるようになったのは事実です。
それを面倒だと考えるのではなく、あなた自身のためにもなる、と考えるようにしましょう。

不要品を自分で処理する方法

不要品を自分で処理する方法
  • 普通ごみで回収してもらう
  • 清掃センターに直接搬入
  • 戸別に回収してもらう