同じ県内でも特に多くの人口の集まっている同市には4所のごみ処理施設があります。それが北谷津清掃工場、新港清掃工場、北清掃工場、新浜リサイクルセンターになります。

地域やごみの種類によってこれらの施設にそれぞれ分けて集められ、適切に処理されています。
現時点ではすべてこれらの市内施設で処理することが可能ですが、同市は人口が多い分、近年全国的に大きな問題となっているごみの増加は非常に深刻な問題となっています。
ただ、このままごみが増加し続けるばかりでは、これら4カ所もの施設を所有していても、処理しきれなくなってしまう日がやってくるかもしれません。

増え続けているごみを削減するために大切なのは、実際にその地域で暮らしている住民、また個人レベルで意識を高めて行くことなのではないでしょうか?
それぞれの国や自治体でもさまざまな対策や運動が実施されています。
しかし、最終的に家庭ごみを排出しているのはそこで暮らしている住民ですので、そこで対策を打たなければ、大幅にごみを削減することはできないのではないでしょうか?

実際にこの地域で暮らしているあなた自身はしっかりとごみ問題に対して意識を持つことができていますか?
ごみ問題は決して他人事ではありません。自分自身の問題であるととらえ、あなた自身でできることは何なのかを考えてみましょう。

千葉市の焼却施設のMAP

・北谷津清掃工場 千葉市若葉区北谷津町347
・新港清掃工場 千葉市美浜区新港226-1
・北清掃工場 千葉市花見川区三角町727-1
・新浜リサイクルセンター 千葉市中央区新浜町4番地

不用品・粗大ごみなどの処分

大型のごみなど、一般ごみとして処理することができないものについて、同市では戸別収集が実施されています。事前に電話での申し込みが必要となります。
申し込みの受付時間は平日の9時から16時までとなっています。

申し込み時に指定された金額の処理手数料納付券を購入し、指定日の朝8時までに出しておきましょう。

同市では、施設への持ち込みも可能となっています。

千葉市で回収する事ができない物

以下の品目については市では収集することができませんので注意が必要です。
・家電リサイクル法対象の4品目
⇒パソコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機
・パソコン類

これらは一般家庭でも、排出される機会の多い不用品ですので、市内にも回収可能な民間業者がいくつも存在しています。
しかし、業者によってサービス内容や、料金は異なっていますので、しっかりとした業者選びをしなければなりません。

どのように選べば良いのか、またどのようなプランを立てれば良いのかわからない、という方は一度こちらをご覧になってください。

市区町村別に不用品情報を見る