同県内でも特に多きな都市部であり、多くの人口の集まる同市では、発生したごみは基本的にすべて市内にある清掃センターに集められ、それぞれが適切に処理されています。

現在、この施設だけで市内で発生したすべてのごみを処理することが可能となっています。
ですが、常に稼働率は非常に高い状態となっています。そのため、現在以上にごみが増えてしまうと、最終的には現在の施設だけでは処理することが出来なくなってしまう可能性も十分に考えられます。

そうなってしまわないために重要なポイントとなるのがその地域で暮らしている住民レベルでごみを削減するための意識を高めて行くことです。
国や同市レベルでもリサイクル・リユースの促進運動などが実施されています。しかし、これを実行するのが住民側の役割です。

あなたも自分自身が出すごみについて一度しっかりと考えてみるようにしてください。

銚子市の焼却施設のMAP

・清掃センター 銚子市西小川町4839

不用品・粗大ごみなどの処分

同市では、一般ごみとして出すことのできない不用品などについては、基本的に戸別収集が実施されています。
事前に電話での申し込みが必要となっています。
料金は重さや品目によって異なっており、515円、1030円、1545円、2060円の4段階となっています。事前に確認しておくようにしましょう。

申し込みができれば、あとは指定日に処理券を張り、指定場所に出しておくようにしましょう。

また、同市では施設への自己搬入も可能となっています。
持ち込みの場合の料金は10キロ当たり51円となっています。
受付は年末年始を除く平日の8時30分から16時までとなっています。

銚子市で回収する事ができない物

以下の品目については戸別収集、持ち込みのどちらで市では処理することができませんのでしっかりと確認しておくようにしてください。
・家電リサイクル法の対象となっている4品目
⇒テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機
・パソコン類
・消火器
・タイヤ
・金庫
・ガスボンベ
・かわら
・オートバイ
・農薬
・塗料
・廃液
・農業用ビニール
・農機具
・魚網
・産業廃棄物
・処理困難物

これらの不用品は市では受け付けていませんので、各自で民間の業者などを手配しなければなりません。しかし、業者によってサービス内容、料金は異なっていますので、上手に業者選びをしなければなりません。
どのように選べば良いのかもまったくわからない、という方は一度コチラをご覧になってみてください。きっとあなたにぴったりのプランを見つけることができるでしょう。

市区町村別に不用品情報を見る