現時点では同市内で発生したごみについてはすべて市内の施設で処理することが可能となっています。
ですが、近年の、発生するごみの増加によって、自治体内で発生したごみを同自治体内ですべて処分することができない、というケースもとても多くなってきています。

同市においては現時点では処理することができています。しかしこういった状況を見てみると決して他人事ではありません。このままのペースでごみが増加し続けてしまうと、いつかは市内の施設の処理能力をオーバーしてしまうことになります。そこで、処理することのできている今の段階でしっかりとした対応が求められています。

ごみが増加し続け、なおかつ市内ですべてのごみを処理しようと考えるのであれば、新施設を建設することになるでしょう。しかし、あまり現実的ではありません。
さらに、市内の環境への影響も非常に大きなものとなってしまうでしょう。こういって点を考慮すると、できればこの選択肢は避けるべきだと言えます。

こういった点まで考えてみると、最終的にはやはりごみを削減するのがベストなのではないでしょうか?
ごみの削減のために、もちろん、市のレベル、または国家レベルでもさまざまな取り組みが実施されています。

ですが、大幅にごみを削減するための最大のポイントはは、実際にその地域でくらしているあなたにある、と言えるのではないでしょうか?

ごみを削減しよう、という意識をその地域で暮らしている住民全員が持ち、ごみの削減や、リサイクル、リユースといった運動に積極的に参加することができなければいかにしっかりとしたルール作りが出来ていたとしても、ごみ問題を解決へと導くことはできないはずです。

松戸市の焼却施設のMAP

・クリーンセンター 松戸市高柳新田37
・和名ヶ谷クリーンセンター 松戸市和名ケ谷1349-2
・資源リサイクルセンター 松戸市松飛台286番地15
・日暮クリーンセンター 松戸市五香西五丁目14番地1

不用品・粗大ごみなどの処分

1辺の長さがおおむね50センチメートルを超えるものについては一般ごみとして出すことはできません。
これらを処分する際には、事前申し込みの上での戸別収集となっています。
料金は1点につき1000円となっています。

また、同市では施設への自己搬入も可能となっています。品目によって取扱い施設が異なっていますので事前に確認するようにしてください。

松戸市で回収する事ができない物

以下の品目については市では収集することができませんので注意しましょう。
・家電リサイクル法対象4品目
・パソコン類

これらの品目を処分する場合は一度コチラをご覧ください。

市区町村別に不用品情報を見る