同市にはクリーンセンター(栃木県日光市千本木945-1)というごみ処理施設があります。シャフト式の処理方式を採用した焼却炉が2炉あり、1日平均135tのごみを処理しています。年間平均処理量はおよそ3.1万tです。

同センターでは焼却処分の際に生じる上記を利用した「ごみ発電」を行っています。発電した電気は施設内で利用し、余剰電力は売電するという方針を取っています。さらにセンターでは、ごみと環境に対する知識を深めてもらうべく子供向けの施設見学会を実施。学習の場としても提供しています。

日光市の焼却施設のMAP

・クリーンセンター(栃木県日光市千本木945-1)

不用品・粗大ごみなどの処分

同市では「縦・横・高さいずれかが60センチメートル以上または10キログラム以上」の物を大型ごみと定めています。これらのごみは市内のゴミステーションに出すことはできないので注意しましょう。

基本的に大型ごみはセンターに自己搬入するか、センターの戸別収集サービス(要予約)を利用して処理をします。処理手数料はごみの大きさと重量によって異なり、以下が搬入時に1020円の手数料が発生する品目です。

・机/いす
・本棚
・鏡台
・ソファー(1人用)
・食器棚
・調理台
・アルミサッシなどの建具
・自転車
・浴槽など

同様に、縦・横・高さいずれかが150センチメートル以上または20キログラム以上の大型ごみは2050円の手数料が発生します。

・シングルベッド
・衣装戸棚
・ソファー(2人用以上の長いす)
・ブランコ
・滑り台/流し台/洗面化粧台など

さらに、縦・横・高さいずれかが200センチメートル以上または30キログラム以上の大型ごみは3080円の手数料が発生します。

・応接セット
・ダブルベッド
・ピアノ/オルガン
・ボイラー(家庭用)など

戸別収集を依頼する場合、まずはリサイクルセンターに電話(0288-21-7221)で事前予約を取ります。受付時間は平日9:00~16:30となっています。

日光市で回収する事ができない物

同市では以下のごみを収集しない決まりとなっています。

・自動車用部品(タイヤ/オイル/バッテリー等)
・バイク
・農業用機械/資材
・耐火金庫/塩ビ板(管)
・モーター
・消火器/灯油ガソリン/ペンキ
・コンクリートブロック/瓦/ガスボンベ/土砂/ガレキ類/建築廃材
・薬品/ドラム缶
・物置
・温水器類/感染性医療廃棄物等

これらのごみは自己搬入しても引き取ってもらえません。メーカーおよび購入店に有料で引き取ってもらうのが一般的ですが、処分にはそれなりの時間がかかります。できるだけ迅速かつ安く抑えたい方は、非用品専門の回収業者に依頼してみてはいかがでしょうか。詳しくはこちら⇒

日光市で上記の物の回収をご希望ですか?

日光市近辺の不用品回収業者なら