不用品・粗大ごみの回収ならお任せください

絞り込み検索 絞り込み検索 チェックをいれてください(複数選択できます)

条件を選んでタップで選択してください
(複数選択できます)

エリア
サービス
回収項目
  • エリア
  • サービス
  • 回収項目
無料サービス
支払い方法
保障
  • 無料サービス
  • 支払い方法
  • 保障
更に絞り込む

日本人1人が1日に出すゴミの量(粗大ごみや生ごみ含む)は約1キロだといわれています。
1世帯だと年間で平均約660キロ。そのうち食べ残しなどの「生ごみ」が約3割を占めています。

家庭から出るゴミは、日本全体で年間約3300万トン。東京ドーム約90杯分に相当します。
ちなみに、年間で最もゴミの多い月は12月。年末は生産・経済活動が活発化するため、その分ごみも増える傾向にあります。

ゴミの収集や不用品回収・処分の方法は地域差が大きいようです。
法律によって「市町村が処理計画を定めること」と明記されており、その地域の実情に則して、様々な取り組みが行われています。例えば、人口の多い首都圏では埋め立て地が不足傾向にあり、その分、高性能な焼却施設によってより多くのゴミを処理できるよう、システムが整備されています。

一部の地域では、焼却時の熱を利用して発電などに利用する「サーマルリサイクル」という技術も導入されており、より積極的な焼却プロセスが採用されています。
また、人件費を節約するために、あえて分別を簡略化(収集の手間を減らす)している自治体も少なくありません。

ごみ処理の流れの例

ごみ処理の流れの例-アルミ缶

ごみ処理の流れの例-スチール缶

ごみ処理の流れの例-ビン

ごみ処理の流れの例-ペットボトル

ごみ処理の流れの例-紙

リサイクル(廃品回収)に対する取り組みも自治体によって異なり、ペットボトルなど焼却するケースも珍しくありません。とはいえ、世界の水準から言えば、日本は「リサイクル先進国」として知られています。

一方で、消費されずにゴミとして処分される食品は世界最多で、「飽食大国」としても有名。現状において「生ゴミ」を国レベルで有効活用する手段は、残念ながら見つかっていません。

燃えるゴミ(可燃物)は焼却施設で焼却され、燃えないゴミ(不燃物)は埋め立て地で処理されます。

産業廃棄物については、自治体ではなく排出事業者=企業が責任を負い、事業者が自ら処理するか、自治体から許可を受けた不用品回収業者に依頼して処分することになっています。

また、家庭から出たゴミであっても、自治体が引き取れないもの(粗大ごみなど)については、不用品回収業者へ処分を委託する形になります。

近い将来、世界では人口過多に陥る国が急増するといわれています。
そんな中、並行して生ごみや粗大ごみが増え続けていけば…埋め立てによる土壌汚染、焼却による有害物質の排出など、環境問題は避けられません。

エコ、リサイクルに関する技術革新に将来を託すとともに、わたし達一人一人が否応なく、ゴミ問題に対する当事者意識を持たなくてはならない、そんな過渡期に差し掛かっています。

ごみ処理についてのまとめ

  • 日本は世界有数の「ゴミ大国」。
    家庭から出るゴミ年間約3300万トン、東京ドーム約90杯分!
  • ゴミ処理の方法や流れは自治体によって異なる。自治体独自のルールで取り組みを行って、不用品回収をしている所もある。
    その要因としては、所有する施設の性能、人口、埋め立て処理可能な
    土地の面積などが挙げられる。
  • リサイクル可能な廃品は個別に回収され、
    それぞれの原材料に応じた処理を経て再利用される。
  • 産業廃棄物は事業者が処分。自治体が処分できない家庭ゴミについても同様。
    費用を負担しなくてはならない。
  • 世界規模の人口増加によってゴミ問題の深刻化が懸念される。
    リサイクル・エコ技術に頼るばかりでなく、個人でできることを考えてみよう。

・パーフェクトクリーンセンターについて

パーフェクトクリーンセンターでは目的に合わせて不用品回収・廃品回収会社を検索することが出来ます。

お客様の条件にあった会社が見つかります。

自分の手にはおえないと感じたら、すぐに不用品回収のプロに相談してください!

パーフェクトクリーンセンターは廃品の処分に困ったお客様の心強いパートナーになります。

・不用品回収できない物以外は、ご連絡ください。

不用品回収を依頼する前にパーフェクトクリーンセンターで掲載している会社にご相談ください。
ほとんどの不用品回収業者が色々な粗大ごみを収集致します。
回収出来ない物として、プロパンガス、アセチレン等
または、所有権や他人の所有物等になります。

それ以外の場合は、不用品回収業者へ直接ご連絡ください。
※違法業者にご注意ください。詳細はこちら

トップへ戻る

TOPへ戻る