東京都の不用品・廃品・粗大ごみ回収会社一覧エリアのオススメ回収業者

1つ~大量の荷物に対応 年中無休 三井住友海上賠償責任保険加入 最大3000万保証

片付けマスターズ [ 法人・個人 ]

  • エリア
    東京都神奈川県
  • 対応可能
    回収物
    • 家具
    • 生活家電
    • OA機器
    • 厨房機器
    • 粗大ごみ
  • TEL
    対応時間 9:00~23:45

グローバル回収 [ 法人・個人 ]

  • エリア
    東京都埼玉県
  • 対応可能
    回収物
    • 家具
    • 生活家電
    • OA機器
    • 厨房機器
    • 粗大ごみ
  • TEL
    対応時間 24時間対応

バリュー1 [ 法人・個人 ]

  • エリア
    東京都千葉県神奈川県埼玉県茨城県
  • 対応可能
    回収物
    • 家具
    • 生活家電
    • OA機器
    • 厨房機器
    • 粗大ごみ
  • TEL
    対応時間 7:00~22:00

個人レベルで考えなければならない東京都のごみ問題

近年、リサイクルへの意識が高まっているとは言え、やはり劇的にごみの量を減らすことは難しいものです。
人が生活を送る上でごみが出てしまうことはどうしても避けることができません。ましてや特に人の多いエリアになればごみの量もそれだけ深刻になってしまいます。

日本でもっとも多くの人が暮らすエリアと言えば東京都です。そんな東京のごみ処理の事情について考えてみましょう。

家庭ごみの出される量

全国でもっとも多くのごみが出されるのは東京都と言われています。
正確な月別のごみの量は公表されていませんが、一般的に8月がもっとも多くなると言われています。
つまり、8月の東京都は日本で一番多くの家庭ごみが出されていることを意味します。

量が多くなればそれだけ処理にも時間や手間がかかるものです。では、実際に東京都ではどのように処分されているのでしょう?

一般ごみの処分方法について

通常、一般のごみの収集、回収の方法は各自治体によって異なります。
東京都も例外ではなく、各市区町村がそれぞれ方法を指定しています。
ここではまず、新宿区のごみの出し方を例に挙げて考えてみましょう。

まずは、通常の集積場で収集されるごみについてです。
ここに出すことができるのは、一般的な燃やすごみ、金属、陶器、ガラス、容器包装プラスチック、古紙になります。
これらはリサイクルされませんので、施設で焼却されることになります。

燃やすゴミについてはそれぞれの地区で指定された曜日に中身の見えるごみ袋に入れて出すことになります。
昔ながらの方法ですので、ごみ出しといえばほとんどの方がこの方法をイメージするのではないでしょうか?

ここで気をつけなければならないのが、かつては通常の燃やせるごみと一緒に出すことのできていた容器包装プラスチックについてです<。
現在、リサイクルすることのできる容器包装については、汚れを落として別にして出さなければならなくなっています。

これは新宿区に限ったことではなく、リサイクル法の制定以降、全国で採用されている方法です。ただ、残念ながら都内では人口も多いことからこういった包装容器のリサイクル率はそれほど高くはありません。
リサイクルできるものとできないものの区別をそれぞれがしっかりと理解し、そして意識する必要があります。

ここで回収された容器包装プラスチックなどは法令に基づいて施設にて資源として再利用されることになります。

回収拠点で回収され、リサイクルされるもの

びん、缶、ペットボトルなどは通常のごみ集積場ではなく、別に用意された回収拠点にて回収されます。
これらはごみではなく、立派な資源ですので捨てるわけではないということをしっかりと意識しなければなりません。

ごみを減らす上でもっとも重要となるのは、やはりごみを資源として意識することです。
かつては、これらの資源も定期的にごみ集積場で収集されていましたので、やはり「ごみ」というイメージが強くなってしまいます。

これもリサイクル法の制定以降、全国で採用されたスタイルになりますが、ごみ出しが面倒になってしまったなと思っていませんか?
これらはごみではなく「資源」だと考えることがとても重要です。まずは捨てる、という意識を切り替えるようにしましょう。

こうして回収された資源はそれぞれの工場などに輸送され、リサイクルされる事になります。

回収できないものについては

リサイクル法の制定以降、市区町村では回収することができないものが多くなりました。
その代表となるのが大型の家電品などでしょう。

家電リサイクル法によって、エアコンや冷蔵庫、洗濯機、テレビといった大型の家電品については、通常の粗大ごみとして各自治体による回収を行うことができなくなってしまいました。
もちろん、東京都もその対象となりますので、これらを処分する際には各自で不用品回収、廃品回収業者などに依頼しなければならなくなったのです。

さらに処分の際には、個別に設定されたリサイクル料金を支払わなければなりません。
この金額も非常に大きく、悩みの種になっている、という方も多いでしょう。
これにともない、大型家電などを無料で回収したり、買取などを実施しているリサイクルショップや専門業者も増えていますので、上手に利用してみましょう。

産業廃棄物について

産業廃棄物も家庭ごみと同様に、処分するものとリサイクルされるものに分けられることになります。
その処分に必要な費用に関してはそれぞれの企業で負担しなければならなくなっています。

これにともない、都内では企業が独自にリサイクル可能な設備を用意するというケースも多くなり、産業廃棄物の減少への動きが見られるようになってきています。

東京都内に限った話ではありませんが、ごみに関する問題は国や自治体だけのものではなくなっています。
それぞれが個人レベルでしっかりと向き合い、対策を打たなければなりません。
つまり、あなた自身がしっかりとごみ問題について考えることが、この大きな問題解決への糸口となるのかもしれません。

不要品を自分で処理する方法

不要品を自分で処理する方法
  • 普通ごみで回収してもらう
  • 清掃センターに直接搬入
  • 戸別に回収してもらう

市区町村別に不用品情報を見る