大田区のごみ処理施設

区内で発生したごみは区内にある3つの施設でそれぞれ処分されることになっています。
区内にあるごみ処理施設は多摩川清掃工場、大田清掃工場、大田区資源化センターの3つになります。

一般の可燃ごみや不燃ごみなどは多摩川清掃工場と大田清掃工場に集められ、すべて処分されることになります。
そして、ペットボトルやプラスチック容器包装といった資源ごみは大田区資源化センターに集められ、処理されています。

区内の3施設で現在、発生するごみのすべてを処理することはできていますが、この先、ごみが増加し続けてしまうといずれがそれぞれの施設の処理能力を超えてしまうことになるかもしれません。
一人ひとりがしっかりとごみを減らそう、という意識を持つようにしましょう。

区が主体となって、マイボトル運動やレジ袋削減運動なども実施されていますので、積極的に参加するようにしましょう。

隣接自治体:江東区、品川区、目黒区、世田谷区
大田区の回収できない物はこちら

大田区の焼却施設のMAP

・ 多摩川清掃工場 大田区下丸子2-33-1
・ 大田清掃工場 大田区京浜島3-6-1
・ 大田区資源化センター 大田区京浜島3-5-7

不用品・粗大ごみなどの処分

基本的に粗大ごみはすべて戸別回収となっています。
事前に受付センターに電話で申し込みをし、回収日や手数料を確認するようにしてください。

手数料は、区で指定されたコンビニ、スーパーなどで納付券を購入することで支払が可能となります。払い戻しは不可となっていますので、必ず手数料をしっかりと確認した上で、必要な分をその都度購入するようにしましょう。

また、大田区では持ち込みも可能となっています。持ち込みの場合、品目によっては手数料が無料、または減額されます。

ただし、一度に持ち込みが可能なのは10点まで(引っ越しの場合は20点)までとなっていますので、注意してください。

大田区で回収する事ができない物

以下のものについては区では回収できません。
・家電リサイクル法対象の4品目(テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫)
・パソコンリサイクル対象品目
・自動車
・オートバイ
・タイヤ
・ピアノ
・耐火用金庫
・コンクリートブロック
・ガスボンベ類

・長さが1m80㎝を超えるもの(切断などの処理が必要)
・太さが30㎝を超えるもの(木の幹他)
・有料粗大ごみ処理券(手数料納付券)の貼り付けがないもの
・他区の有料粗大ごみ処理券(手数料納付券)が貼り付けされているもの
・貼り付けされている有料粗大ごみ処理券(手数料納付券)が手数料に満たないもの
・事業活動によって生じたごみ

これらの不用品を処分する際には、それぞれ個別に専門業者などを手配しなければなりません。近年では総合的にさまざまな不用品の回収に対応している業者も多くなってきています。
利用してみたい、という方はコチラをチェックしてみましょう。

大田区で上記の物の回収をご希望ですか?

大田区近辺の不用品回収業者なら

市区町村別ごみ処理施設案内変更

パーフェクトクリーンセンターであなたの企業をPR!!

エリアごとの情報

北海道エリア

北海道エリア

14市 6町

東京都エリア

東京都エリア

17区 24市 4町 3村

神奈川県エリア

神奈川県エリア

13市 4町 1村

千葉県エリア

千葉県エリア

21市 1町

埼玉県エリア

埼玉県エリア

14市 3町

愛知県エリア

愛知県エリア

15市

滋賀県エリア

滋賀県エリア

8市

三重県エリア

三重県エリア

11市 2町

栃木県エリア

栃木県エリア

7市 1町

茨城県エリア

茨城県エリア

13市 2町 1村

群馬県エリア

群馬県エリア

7市 2町

沖縄県エリア

沖縄県エリア

9市 2町 4村

エリアから探す



初めての方でも安心 バイク処分にかかる費用 国が行っている リサイクルの必要性 こんなに違う 自治体と業者の価格傾向 毎日の積み重ねが環境保全につながります リサイクル法について 遺品整理 違法業者に注意 ブログ 上手な業者選びで不用品を賢く処分に注意

ブログ記事一覧

トップへ戻る